1. TOP
  2. h2参照系APIサービス連携について ~さいしんダイレクトビジネス~

h2参照系APIサービス連携について ~さいしんダイレクトビジネス~

 当金庫は、さいしんダイレクトビジネスにおいて、2019年2月4日(月)よりAPIサービスの提供を開始しております。今後も外部企業とのAPI連携を順次開始していく予定です。

 

<参照系APIサービスとは>

 参照系APIサービスとは、家計簿アプリや会計ソフト等を取扱う外部企業に対して、お客さまの同意を得た上で、お客さまの契約者IDや利用者暗証番号等を預けることなく、残高や入出金明細等の情報を連携するサービスです。
 お客さまが外部企業のサービスを利用するにあたり、従来より安全かつ安定的に利用できるようになります。
 また、電子証明書をご利用のお客さまにおいても、APIサービスを利用することにより、外部企業のサービスがご利用可能となります。

 API提供開始

<連携先・サービス内容一覧>

連携先サービス内容
freee株式会社

「クラウド会計ソフトfreee」
個人事業主・中小企業向けクラウド会計サービス

ソリマチ株式会社

「スマホ社長」「会計王」「農業簿記」「タブレット会計」等

個人事業主・中小企業向けクラウド会計サービス

株式会社マネーフォワード

「マネーフォワード クラウドシリーズ」等

マネーツリー株式会社

「Moneytree」等

 

<ご利用にあたっての操作方法(利用登録)>

1.外部企業のサービス画面から当金庫の利用登録画面へ遷移します。

        ↓

2.電子証明書で本人確認を実施します。

APIサービス提供開始

        ↓

API提供開始

        ↓

3.許可する業務・有効期限を確認し、利用規定への同意を行い、アクセスを許可します。

API提供開始

 

※しんきんインターネットバンキングAPIサービス利用規定(法人用)

 

<ご利用にあたっての注意事項>

・APIサービスのご利用にあたっては、事前に外部企業のサービス利用契約およびさいしんダイレクトビジネスの利用契約が必要です。

・外部企業へお客さまの情報提供を停止するには、外部企業への利用停止の手続きが必要です。

・外部企業とのAPI連携には、有効期間が定められています。有効期間が過ぎた場合は、再度、利用登録をしていただく必要があります。

・法人IBへの利用登録・更新はPCのみお取扱い可能です。

 以 上

 

ページトップへ