さいたまと
ワールドカップ


●INDEX

●バックナンバー
●ご意見・ご感想
COLUMN●コラム


#137
指宿合宿の感想2題

 MDP増刊号はもう入手されましたか?とりあえず弁解。クラブからの発表では「サポーターの声も掲載」となっていましたが、載っていません。天皇杯の感想などは手元にあるのですが、レッズフェスタの日に発行していた頃と違い、新しいシーズンに突入しているのに、ちょっと空気に合わない気がして、やめました。クラブとの打合せでは当然、投稿も載せるという計画だったのですが、その後変更したことを伝えないまま発表が出たので間に合いませんでした。その部分に大きな期待を寄せていた方にはお詫びします。では本題。


 14日から17日まで指宿合宿に行ってきた。MDP増刊号を前日に校了して、ようやく行けた、という感じ。体制が新しくなって対応に追われるのは毎年のことだったけど(!)、今年は1月20日にレッズフェスタ、翌週と翌々週がフットサル大会、そして増刊号の作業と、仕事が数珠つなぎでとうとうイングランドに行けなかった。大丈夫かな。何が?→バックナンバー81参照。
 合宿の練習リポートは埼玉新聞やradipaに詳しいから省き、僕の印象を少し。


 練習を毎日見ていても飽きない。同じ練習をまったく繰り返さない訳ではないが、タッチ数などの約束事を変えたり、人数を変えたりしているから、たぶん選手も飽きないだろう。もっともメニュー云々より、練習の目的がはっきりしているから、それに集中して飽きる暇などないだろう。これは大原での練習のときからずっと続いている傾向だ。
 合宿ではなかったが、去年のピッタ監督が来る日も来る日もビルドアップからシュートまで、という練習を続けていたのと180度違う。もちろん降格に黄信号が灯りかけたチームを12試合の間になんとか救うという仕事と、3年間で常に優勝を争うチームに作り上げるという役割が180度違うのだから、不思議はないのだけれど。
 練習メニューが細かく変わることよりも、それぞれの練習に際して狙いを絞ってやらせていることの興味深い。それが実戦でどう生かされるか。見る側としても勝敗以外にチェックする項目がはっきりしそうだ。


 まだスタメンがなかなか読めない。11人vs11人の紅白戦をまったくやらないし、それに近い10.5人vs10.5人(10人戦でフリーマンが1人)をやっても、いわゆるAチーム、Bチームに分けていないとオフト監督は言う。実際、そう思う。17日のジュビロとの練習試合ではさすがにスタートのメンバーがレギュラーか、と思わせたが、結局18人も使うわ、石井をいきなりリベロの位置に置くわ、内舘をストッパーから左アウトサイドに動かすわ…。相手のジュビロが90分メンバーを替えなかったのと対照的に、オフトはまだ模索中のようだ。
 本当なら、開幕までもう2週間足らずなのだから11人を確定して、そこでの戦術を徹底したほうがよさそうなものだが、オフトの目は必ずしも開幕に向いていないのか?それともここまでの練習の成果で、誰が出場してもチームとして機能する自信があるのか?
 MDP増刊号で「開幕クイズ」を募集したところ、もう2通届いたけれど2月28日の締め切りまで待った方がいいよ。一応、僕の予想メンバーも3月1日にこのコラムでアップしておこう。人にだけやらせちゃ悪いものな。


 ところで今年も講談社のヤングマガジンから、チケットプレゼントのコーナーに拙文を書いてくれと依頼が来た。そう言えば年末にそんな話を聞いた気もするが、この時期まで何も連絡がないので忘れていたら、先週の15日に電話が来て「19日までに書いてほしい」とのこと。無茶苦茶な締め切りだが、週刊誌というのはそんなものかもしれないし、担当者も気の毒だったから引き受けた。でも知らないぞ〜。去年、他チームのサポーターから非難囂々だったのに、懲りない編集部だ。
 という訳で今年のレッズネタをそっちに少し書くので、今回はこのへんで。同じことを表現だけ変えてあっちこっちに書くのは苦手なんですわ。たぶん載るのは3月4日発売の号。なんだ開幕してるじゃないか。
 では19日、「語る会」で。

(2002年2月18日)