さいたまと
ワールドカップ


●INDEX

●バックナンバー
●ご意見・ご感想
COLUMN●コラム


#141
もうすぐ“あれ”です

 “あれ”までもうすぐだ。“あれ”の楽しみ方は、もちろん本物を見るのが一番だ。しかし誰もが“あれ”そのものを見られるとは限らない。本物を見られない人が“あれ”を楽しむにはどんな方法があるか。もちろん映像でも“あれ”は楽しめるけど、“あれ”はそこに至る過程もまた楽しいものだ。“あれ”本番までの楽しみを紹介しよう…。


 ああ疲れた。
 今季のMDPは、中断までの5号分(192号〜196号)で“あれ”の、いやワールドカップの盛り上げイベントを紹介していこうということになった。それでコーナーのタイトルを「みんなでワールドカップ」とか「待てないワールドカップ」とかにしようと思った。
 しかし、ふと不安になって埼玉県の大会関係者に聞いてみた。


「MDPのこういう特集のタイトルにワールドカップって使っていいんですかね?」

「…難しいですね」

「別に広告って訳じゃないですよ。イベントを紹介する記事ですけど」

「それでもMDPにはいろいろ広告が入ってますよね」

「確かにプーマとか三菱自動車とかキリンビールとか、ワールドカップのスポンサーと競合する企業の広告が入ってますが、記事にスポンサーがついてる訳じゃないですよ」

「担当者に聞いたら、おそらく駄目って言うでしょうね」


 スポンサーの権益を守るため、「ワールドカップ」という言葉を、原則として使わせないJAWOC。もちろん新聞やテレビなどのニュースで表現されるのは問題にしない。そんなことをしたら盛り上げてもらえないから。しかし例えば街の商店などが店先に「歓迎 ワールドカップ」などという看板を出すのはNGだという。ワールドカップを使っての商売にあたるからだ。スポンサーはFIFAに大金を払って、マークの使用権やチケットのキャンペーン利用権などを得ているのだから、スポンサー以外の企業や団体、個人が「不当」にワールドカップの名前を使うのは許されない、ということだ。


 だが、ちょっと待ってくれ。「許さない」のは誰?スポンサーが本当に文句を言ってくるのか?
 ワールドカップという言葉を浦和の商店街などが使ってイベントをやりにくい、というのも納得しにくいが、理屈はわからないでもない。そのイベントの中でバドワイザー以外のビールやコカ・コーラ以外の飲み物を売られてはスポンサー担当者の立つ瀬がないからだ。でも「立つ瀬がない」というのと、実際にスポンサーに悪影響があるというのは違うだろう。
 MDPはたしかに新聞やテレビなどの報道媒体とはいい難い。冊子全体にはワールドカップスポンサー以外の広告も入っている。だけど広告企業には「ワールドカップの特集をやるから」と言ってある訳じゃない。ワールドカップの特集が載ろうが載るまいがMDPを応援してくれる企業だ。MDPで「ワールドカップの楽しみ方あれこれ」の特集をやっても何の問題もないはずだ。
 しかし担当者にしてみれば、個別の状況など一々勘案していられない。すべて「駄目」と言っておけばいい。少なくとも何か問題が起きて上からは叱られることはない。実際に街中でワールドカップが盛り上がらなくてもそんなことは関知しない。商店街から「盛り上げろと言っておいて、あれは駄目これは駄目たあ、どういうこった」と言われても聞く耳を持たない。ひいてはワールドカップのスポンサーに嫌気がさしても構わない。そういうことだろうか。
 ワールドカップによる利益はすべてFIFAとスポンサーに入るべきだ、とするFIFA→FIFAにうるさく言われるのが嫌で、各開催地の支部に通達を徹底するJAWOCの担当者→上から何か言われる可能性のある芽は先に摘み取ってしまう現地の担当者
 「ことなかれ主義」。
 立派な見本がここにあった。
 ちなみに韓国では「ワールドカップスタジアム」という固有名がバンバン付いているし、街にはワールドカップのトロフィーまでプリントされたTシャツが、そこら中で売っている。値段は200〜300円だ。ひょっとしたら日本でもJAWOCの支部がないところ、すなわち開催地でないところだと、やり放題だったりして。


 いいよ。MDPの特集のタイトルに「ワールドカップ」を使わなきゃいいんだろ。

「4年に一度開かれる世界で最も予選出場国と地域が多い国代表対抗国際サッカー大会までもうすぐ!」

 これじゃ長過ぎる。

「もうすぐ×××××××」

 伏せ字は良くない。いっそ、“あれ”の方がいいか。などと真剣にふざけてみたが、結局「ENJOY TOGETHER 2002」と、おとなしめのタイトルにした。根性なしめ。


 9日のレッズ戦について何も言及がない?うーん、しばらくは毎回同じようなことになってしまいそうだからなあ。ま、感想としては…
 「まだまだ完璧とは言えないが、前回よりはだいぶ良くなった。このままいけば大丈夫だと確信している」というところか。
 ありゃ。なんだか埼スタの芝に関する埼玉県緑地協会の見解に似てるなあ。試合後に同じような記者会見を続けて聞いたから混同しちまった。でも、どっちも当たってると思うよ。大騒ぎしたい人には物足りないかもしれないけどね。


(2002年3月11日)