●INDEX

●バックナンバー
●ご意見・ご感想
COLUMN●コラム


#262
年間順位


 年間5位以内というのはなかなか簡単な位置ではない。7位、8位の柏、C大阪とはわずか勝ち点3の差だ。まあレッズは1stステージ6位から始まったのだから、今の4位という位置をキープするだけだけでも必死にならないとできない。
 ただ年間順位表の「勝ち点31」というのを見て、こんなに早く30を超えたことにちょっと感動している。「感動」はおおげさ?そうじゃないと思うなあ。


 「勝ち点30」が本当に残留ラインかどうかはわからないけど、一応の目安としていいだろう。前も言ったけど、第3節で降格争いに巻き込まれる心配がまずなくなったというのは初めてだ(2000シーズンは別として。当たり前か)。降格の恐れがあると、チーム作りや戦い方が大いに変わってくる。99年のわれらも、監督を交代させたのを始め、路木、中村、ピクン、中谷‥いっぱい取ったなあ。
 今季も、京都、東京Vが早々に監督を替えた(名古屋はちょっと意味が違う)。選手の獲得合戦も激しい。神戸なんか、この時期に10番替えちゃうんだから。正直言って、いま年間勝ち点20前後のチームは2ndステージの成績なんてほとんどどうでもいいかもしれない。とりあえずは勝ち点30に到達するまで、できることはなんでもやるはずだ。実は特別なことをせずに、シーズン当初の方針を貫いた方がいい場合もある、なんてことは、もう数年しないと説得力を持たないだろう。


 そんなの数年たっても説得力ないって?何言ってんの。去年の浦和レッズは1stステージ終了時、勝ち点14しかなかったんだよ。ちなみに14というと今季の1stステージ14位の大分(勝ち点15)より少ないんだよ。ちなみに、その下だと15位の仙台が勝ち点12だった。でも去年のレッズは何も変えなかったじゃない(ゼリッチ取ったのはちょっと違うだろう)。そのままの陣容で乗り切り、2ndステージ半ばで残留を確定したじゃない(その途端、勝てなくなったことは内緒にしておいてくれ)。


 3年で強豪チームにする。そのためには1年目はこれくらい、2年目はこれくらい、という段階がある。2002年の1stステージが勝ち点14で11位、というのが予定通りだったとは思えないけど、レッズはそこであせりはしなかった。いや、内心はあせっていたのかもしれないけど、うろたえはしなかった。
 それは3年計画というものが腹の底にあったからだと思う。もしも腰を据えていなかったら、「勝ち点14?やばいよ、そりゃ。選手補強しなきゃ、監督交代しなきゃ」と右往左往していたかもしれない。その結果、どうなっていたか確かめる訳にはいかないが、少なくともナビスコカップ決勝進出はなかったかもしれない。もちろん今季のこの成績もなかっただろう。


 J1残留とチーム作りの両立(?)という点で、2002年〜03年のレッズはこうだったよ、とJリーグ界で言われるようになるにはもう少し時間がかかるだろうが、レッズ界ではもう言ってもいいんじゃないか。チームを強くするための方針、それがしっかりしていれば(遂行者=監督もしっかりしている必要があるが)、半年くらいの成績でオタオタすることはない、と。
 レッズの場合、クラブ自体はオタオタしてなかったけど、周りはうるさかったようだけどね。サポーターが信じて見守っているのが気に食わないのか?みたいな論調さえあった。


(2003年9月1日)

<追伸>
 それにしてもJリーグの公式記録の年間順位はどうにかならないか。1stステージ優勝チームは常に1or2位。そして2ndステージで首位に立つと、そのとたん年間1or2位。
 今季の2ndステージ第1節でレッズが「首位」になったとき、「そんなことより年間何位だ?」と見たら「1or2位」だったから、計算しなくちゃいけなかったじゃない。第2節現在では、Jリーグの記録ではレッズは年間5位だったけど、よく見ると年間1or2が3つもあるじゃん!ヘンでしょ、それ。いくら2ndステージで市原と柏が同率1位だからって、1or2が3チームってヘンでしょ。ちゃんと計算したらレッズは年間4位じゃん。柏は年間7位でうちより下じゃないか。
 そもそも年間順位って、今の制度だと降格チームを決める以外に何の意味もない。賞金は1stステージ、2ndステージの順位でもらうのだし、年間何位以上が何かの大会に出られるわけでもない。「年間2位」って、ステージ優勝はしたけどチャンピオンシップで負けたということでしょ。それでいいじゃん。ステージ優勝、Jリーグチャンピオンの他に年間1位チームがあったって呼称としておかしくないよ。ボクシングなんか、チャンピオンの別に1位がいるじゃない。成績では年間1位だったけれど、タイトルは取れなかった、なんてシーズンがあってもいいだろう。
 ということでMDPの「data room」には年間順位を実質の勝ち点などで表すことにした。思い出すなあ。99年の途中から年間勝ち点を入れたんだけど、あれは間違いなく残留争いの現状を知るためだった。今回は自分たちが年間トップ5にいるかどうかの確認のため。この差は大きいぞ。