image
 
●INDEX
image
●バックナンバー
●ご意見・ご感想
COLUMN●コラム

image

#301
身内だから


 土曜、日曜の2日間で日本代表、五輪代表の親善試合があり、レッズの選手は8人とも出場した。カシマスタジアムには行かなかったけれど、埼スタは生で観戦することができた。そうか、代表選手が多いということは削られる危険性も増えるということか。ワクワクだけではなく、ハラハラもするんだ。
 達也のケガの具合を気にしつつ(こんなときは取材でないのがすごく悔しい。埼スタなのに)、埼スタを後にし、シャトルバスで東浦和へ向かいながら、数年前の自分を思い出していた


 数年前。99年から2002年まであたりだろうか。岡野雅行が代表からはずれ、小野伸二がケガをし、そして翌年五輪代表からはずれ…。2001年には小野が代表に復帰したが7月でレッズを去ってしまった。ユース世代を除いてレッズに青いユニフォームを着る選手がいなかったころ、僕は「代表?勝ってはほしいけど、負けてもそんなに悔しくはないな」と言っていた。
 ウソだった。
 勝ってほしいなんて思っていなかった。レッズの選手がいないサッカーチームなんて、勝とうが負けようがどっちでも良かった。もっとも国際試合で日本が負けるのは嫌だったから複雑な気持ちではあった。シドニー五輪なんて対戦相手も覚えていない。代表の試合を見るのはテレビだけ。小野伸二が出ていれば少し力が入るくらいだった。彼はもはやレッズの選手ではなかったが、知り合いだったから活躍してほしかった。2002年ワールドカップも、日本で、埼玉でやっていなかったらもっと冷めて見ていただろう。
 2002年。代表監督が替わり、山田と坪井が呼ばれた。試合はテレビで必ず見るようになった。2人とも出なかった。
「負けちゃえば?」
 さすがに「負けろ」とは思えない。でもレッズの選手を出さないから負けても当然だろう、と思って見ていた。ワールドカップの予選なら別だけど親善試合だし、いろんな経緯を考えれば、この監督は相当負けても更迭されなさそうだし。
 2003年。山田と坪井がコンスタントに使われるようになった。五輪をにらんだU−22代表にも3人が絡んできた。5月。神戸ウイングにU−22代表の写真を撮りに行った。初めてだった。テレビは必ず見るようになった。暮れの東アジア選手権。埼スタでの試合に行った。代表の試合をスタンドで観戦したのは、ええと…、フランスワールドカップのジャマイカ戦以来か?


 とんでもない奴?
 だからいつも言ってるじゃん。僕はサッカージャーナリストじゃないって。レッズのマッチデー・プログラムを作るのを仕事にしているレッズサポーターなんだって。サッカーは好きだし、海外のゲームをテレビでやっていれば見ることが多い。日本代表だって別に嫌いという訳じゃない。だけど応援するのは浦和レッドダイヤモンズ。だから代表の試合でもレッズの選手たちの活躍を期待して見ている。
 誤解しないでほしいけど、他のチームの選手たちのミスを願っている訳じゃない。だってやっぱりいいプレーは見たいし、それがチーム全体が良くなること、レッズの選手が活躍することにつながるのだから。
 五輪の予選もワールドカップの予選も勝ち抜いてほしい。それは「日本」ということもあるけど、勝ち抜くということはレッズの選手たちが(たぶん)活躍するということだし、さらに上のステージで試合が続くということだから。


 これまでとは比べ物にならないほど代表のことが気になるだろう。おそらく埼スタや国立の試合に出かけることが増えるだろう。シーズン中は取材に行くこともあるかもしれない。
 なんだ今さら。エゴイスト。レッズ馬鹿。自分勝手。非国民。もう終わり?何言われてもいいよ。まあ国歌独唱のときに帽子も取らずに聞いているような奴から非国民と言われたら吹き出しちゃうと思うけど(ちなみに「君が代」自体は好きじゃないけど、「国歌」は敬意を払うべきものだから)。
 92年のアジアカップから、その後のアメリカワールドカップ予選で、日本代表が国際試合で勝つことの喜びを知った。その後、「自分のチーム」と呼べるものがある喜びを知った。その後10年間でそのチームを育てていく喜びを知った。そして喜びと同じくらい(もしかして倍以上?)の苦しみが必要なことを身を以って知った。
 一緒に苦労してきた選手たちが青いユニフォームを着て日本代表としてプレーする。彼らは身内だよ、身内。一味どころか大いに違うのは当たり前でしょう。ちなみに8人だからじゃないよ。(たとえば)山田と達也の1人ずつでもこの思いは変わらなかっただろう。もしアレックスと闘莉王だけだったら?うーん、それは難しいな。何せまだ赤いユニフォームで試合してないから。でもすぐに「ウチの選手」と思うようになっただろう。

(2004年2月9日)


<追伸>
  土曜日、カシマでの代表戦をテレビで見ていたサポーターから「ビニールシートの応援が代表にパクられた」とメールが入り、(まあレッズサポーターが特許を持ってる訳じゃなし、いいものが真似されるのは宿命なんじゃないの?)と思っていたのだけど、埼スタのゲートで立派なビニールシートを渡され、ああこれか、と思った。せっかく手ぶらで来たのに…、と一瞬思ったが、要らないと言うのも大人気ないのでもらった。写真が選手全員のならもっと良かったのに…、てことは土曜日の写真は…うひゃあ!
 別に「パクリ」だの、「お仕着せ」だの言う気はない。レッズサポーターが試合前にスタンドに配っているのだって、もらう方からすれば「お仕着せ」と思うかもしれない。レッズの応援を見て「あれ、カッコいいから今度代表戦でもやってもらおう」と協会関係者が思っても不思議はない。でも、ゲートで係員が来場者全員に配り、場内アナウンスで指示をする(実際には早口すぎて何言ってるかわからなかったぞ。舞い上がるなよ、アナウンサー)。ちょっと違うんじゃないかなあ。あの青いビニールシートはこれからずっと配られるの?UAEでも?もしかして今回だけ?それとも日本のホームゲームだけ?
 レッズサポーターなら、必要な試合となれば、いつでもどこでもあれをやるだろうな。ま、これも身内ぼめだけど。