Presented by 埼玉縣信用金庫
Weps うち明け話
#001
変わらないね
 3月19日の神戸戦に向かう前に、木曜日に京都で途中下車し、パープルサンガの監督、柱谷幸一さんを取材。金曜日には大阪で佐藤慶明さんが監督を務める大阪産業大学サッカー部の練習を見学。乗車券は新神戸までの往復割引で済み、「効率」のよい旅だった。効率ついでという訳ではないが、木曜の夜は、大阪に単身赴任中の高校時代の友人を呼び出して会った。
 佐藤慶明さんは、2月に取材で10年ぶりに会った。柱谷さんに取材するのは11年ぶり。友人は、99年に24年ぶりに会ってから3回ほど飲んだ。今回は2年ぶりだった。3人と久しぶりに会う、そういう旅になった。
 柱谷さんは練習を終えて、番記者の囲み取材を受けていた。長い。そもそも質問が細かい。翌々日は湘南との首位決戦だからかもしれないが、メンバーについて、戦術について、相手の出方の予想について、5〜6人の記者が入れ代わり立ち代わり聞く。オフトだったらまずしらばっくれるような内容だが、柱谷さんはスラスラと答えていく。
 「変わらないな」

 2001年4月4日、ナビスコカップの1回戦で山形に行った。当時はJ2もナビスコに参加していたのだ。負けた。J1に復帰したばかりで、今ひとつ調子が上がっていなかったレッズだが、まさか山形に0−2とは思わなかった。まあ、第2戦3−0で逆転勝ち下のだけど。
 監督記者会見はビジターチームから行う。僕は記者会見室にテープレコーダーを置いて、選手のコメント取りに出ていた。数十分後、レコーダーを回収しに戻ると、チッタ(当時の監督)はすでに終わっていて、柱谷幸一山形監督の会見が始まっていた。僕は相手チームの監督の会見は聞かないでもないが、そのときはサポーターと一緒に車で来ていたので彼らをあまり待たせたくなかった。しかし会見の最中に監督の目の前にあるレコーダーを取って出て行くなんて無作法はできない。まあ、少し待てばいいか、と部屋の表にいた。
 しばらく廊下にいたが終わる気配がない。ただ時間をつぶすのももったいないので、部屋の中に入った。柱谷さんが話している。終わった。次の記者が質問した。答える。違う記者が質問。答える。また違う記者が…。(おいおい、1人1回質問するって決まってるのか?)と思ったほどだ。しかも質問の内容は必ずしも当日の試合のこととは限らなくなってきた。(そんなのふだんの練習のときに聞けよ!)と心の中でつぶやいたが、それは僕の勝手な思いだ。黙ってじっと待っているしかない。
 (山形の記者会見て、いつもこんな感じなのか?)
 部屋に入ってから20分は優に経過して記者会見は終わり、僕は無事レコーダーを回収して帰路についた。てことは少なくとも30分、おそらくそれ以上、柱谷監督は記者会見をやっていたことになる。1年生監督だからかな?
 後で、モンテディオ山形は運営母体が社団法人なので、情報を開示する責任があるからじゃないか、とも言われた。でもクラブの情報とチームの情報は違うだろうに。

 3月17日、京都パープルサンガのクラブハウス前で記者を前に話している柱谷さんを見て思った。4年前、山形で僕がレコーダー回収を待ちながら聞いていた記者会見は、山形が社団法人だから長かったんじゃない。柱谷さんだから長かったんだ。話が長い、というより丁寧なんだ。誠実と言ってもいいか。
 そのあとの僕の取材も丁寧に対応してくれた。レッズのマッチデープログラムだからと言って、無理にレッズをほめる訳でなく、もちろんけなすこともなく。きちんと心情を語ってくれたと思う。その辺はいつかMDPに載ると思うので、そちらで。

 人には変わらない方がいいこと、変えたほうがいいこと、両方ある。4年前に30分待たされたときには「話なげえよ、その性格なおせよ」と一瞬思わなくもなかったが、今回は「あの性格のままいてくれてよかった」と思ったものだ。
(2005年3月25日)
〈EXTRA〉
 「変わらないね」「変わったね」。このところ、2つの相反する言葉をかけられて、複雑な気持ちになる。
 何かというとMDP。今季から編集が埼玉新聞社の手を離れ、浦和レッズが直接やることになった。結局、MDPから離れられずに埼玉新聞社を辞めて、クラブを手伝っている訳だが、方針として「これまでと大幅に変わったものを」というのがある。だからクラブ関係者とかそういう方針を知っている人から「あまり変わらないね」と言われると「お前は、言われた通り仕事してないな」という意味になる。「だいぶ変わったじゃん」と言ってくれるスタッフもいるが。
 一方、これまでのMDPが好きで、あまり変わってほしくないと思っているサポーターも多い。そういう人は「覚悟してたより変わっていないから良かった」と言う。もちろん「変わっちゃったね」「なんか軽いね」と言う人もいる。
 いろんな人から「変わった」「変わらない」と言われて、リアクションに困る日々だった。今度のMDP252号はどうだろうか。
TOPWeps うち明け話 バックナンバーMDPはみ出し話 バックナンバーご意見・ご感想