Presented by 埼玉縣信用金庫
Weps うち明け話
#017
エメルソン
 サポーターには「寝耳に水」だったが、クラブとしては万事承知のことだった。「万事」ではないか。まさか何のあいさつもなしに、そのままカタールに行ってしまうとは思っていなかっただろうから。
 僕は、「寝起き耳に水」くらいか。やはりいきなりだったのでびっくりしたが、エメルソンが外国のクラブに移籍するかもしれない、という可能性は感じていた。移籍金が川崎Fからレッズに来たときよりもさらに高額、というのがハードルだが、それがクリアされれば移籍させるかもしれないな、と。

 サッカー選手には移籍は普通のこと。学校を出て新加入したチームでずっとプレーし、そのチームで引退する選手は少ない。ましてや外国籍選手となるとなおさら。レッズのベギリスタインや名古屋のストイコビッチのように、キャリアの最後を日本のチームで過ごした大物もいるが、若くして日本に来た外国籍選手が引退まで同じチームにいることは、まずありえない。実力がなければお払い箱になるし、実力が目立てば海外から引きが来る。
 問題は潮時。移籍金の額や、その選手の貢献度合い、年俸、現在のパフォーマンスなどを勘案して判断する。外からのオファーに応じる場合もあれば、チーム事情で積極的に「売り」に出そうとすることもある。「売る」という表現は引っかかるかもしれないが、貸し借りもあれば、売り買いだってある。その潮時を見定めるのがフロントの手腕ということだ。選手をとってくるのだけが仕事ではない。
 エメルソンに関して言えば、昨年、一昨年と大活躍をした。一昨年はJリーグMVPとベストイレブンで公式戦26得点。昨年はJリーグ得点王とベストイレブンで公式戦31得点。03年ナビスコカップ優勝と04年2ndステージ優勝に大きく貢献した。04年終了時は、間違いなくJリーグで最も優秀なFWだったと言っていいだろう。もし欲しいというクラブがあれば、移籍金の額は相当高く設定できる。
 もちろん、高額の移籍金を積まれても出せない場合もある。もし昨年の6月に、エメルソンに対するオファーがあったとしたらどうだろう。あるいは今季の開幕時から昨年並みのペースでゴールを重ねていたらどうだろう。「高額」の程度にもよるが、たぶんクラブは断ったのではないか。
 今季の合流遅れを見て、そして開幕後の不調ぶりを見て、「移籍金が見合えば放出もある」と判断してもやむを得ないだろう。森GMのコメントによれば、度重なる集合日の遅刻が他の選手に与える影響も判断材料になった、とある。物事の理由はだいたいが総合的なもの。一つだけのことの方が少ないだろう。

 同じことを考えていたサポーターも多いのではないか。もちろん7月から毎試合2ゴールの爆発で、一気に2年連続得点王!ということも絶対にありえない話ではないが、過去の例から考えれば、7月上旬に合流したとしてもトップパフォーマンスに戻るのはいつのことやら、である。「戻る」と書いたが、今季のエメルソンに戻るべきトップパフォーマンスはない。戻るレベルは昨季のエメだ。それが期待できないなら、シビアに言えば「今が売り時」なのだ。
 森さんのコメントを聞けば、移籍上のルール違反は確かにどこにもない。エメルソンとアル・サドで密かに話を進めていた訳でもない。エメルソンの意向を無視してレッズがアル・サドに売り飛ばしたのでもない。レッズも承知していた選択肢の一つがまとまった、ということだ。
 しかし世間が知ったのは電撃的。しかもレッズからの発表でなく、向こうのクラブのホームページで、写真入りで見せられればびっくりだ。ありうる話だと思っていた僕も驚いた。
 移籍話は水面下で行うのが当然。特にシーズン中とあれば極秘に進めなければ、影響が大きすぎる。「なぜ、エメルソンを移籍させるかもしれない、と発表しなかった!」と憤るサポーターがいるかもしれないが、それは仕方がない。

 納得しがたいこともある。
 ギドより長い、4年近い在籍。初タイトル、初ステージ制覇への貢献。公式戦71ゴールで、僕たちを71回踊らせてくれただけでなく、ぶっちぎりの速さでピッチを駆け、何百回も胸を躍らせてくれた。シーズン途中の移籍は残念だが、逆に試合でお別れを言うチャンスがあるということでもある。ギド・ブッフバルト、小野伸二、ゼリコ・ペトロヴィッチらの時のように、クラブとサポーターで盛大に送り出すにふさわしい選手だったことは間違いない。それが何のけじめもつけずに終わってしまう、というのは何とも納得できない。
 今回、6月22日の集合日に来なかったことや、その後もズルズルと来日を延ばしたのは移籍問題とは無関係らしい。本人はその時点ではまだアル・サドに行く気はなかったようだ。しかし「遅刻」と「移籍」の時期が続いたことで、よけいな誤解を生んでしまった。
 だからなおさら。
 もしエメが6月22日に日本に来て、23日からの合宿にも参加して、新潟戦や東京V戦に出場して、7月11日ごろに移籍が発表になったとしたら。
 やはり大騒ぎになっていただろうが、僕は今ごろ粛々と7月18日のMDP262号用に「ありがとう、エメルソン」のページを作っていただろうな。
(2005年7月12日)
TOPWeps うち明け話 バックナンバーMDPはみ出し話 バックナンバーご意見・ご感想