Presented by 埼玉縣信用金庫
Weps うち明け話
#032
PRIDEがPRIZEに
 取り急ぎ連絡します。
 10月5日、五井発22時7分の久里浜行き電車に乗り、東京駅で降りた男性で、網棚に荷物を忘れた方はいませんか。中にマフラーや黒いポロシャツが入っています。心当たりの方は、荷物の形状や他に入っていたものを詳しく書いて僕にメールください。保管してくれている人がいます。HAG03546@nifty.ne.jpへ。

 さて。
 #30のEXTRAで「もちろん、来週の川崎フロンターレ戦を待つまでもない」と書いたら、「柏戦だろ?」という突っ込みをいただいた。その通りです。同じ「か」がつくから間違え…、すみません、単なる思い間違いでした(もう直しました)。でもその人たちが、もっと大きな間違いに気づかなかったのは何故だろう?

 ナビスコ準決勝が終わって2日。今朝、これからの対戦相手を並べていた。柏、大宮はリベンジ。川崎、G大阪、千葉、磐田は前回引き分けだったから決着。いや千葉にはリベンジの意味も加わったなあ…と考えていたら、あれ?残り8試合ある!
 どういう訳かC大阪戦が終わった後、「残り7試合で勝ち点10差か…」と思い込んだらしい。だから#30は「残り7試合の戦い」というタイトルになっている(あえて直さない)。
 残りが7試合でも8試合でも、毎試合百パーセントの力を出していくのが、プロのチームとして、ファン、サポーターに対する最低の義務だということは変わらない。それが5日の千葉戦のようなはっきりした位置づけの試合でなくても、だ。
 ただ「優勝」ということで言えば、この1試合は大きい。自分で勝手に少なく思い込んでて「大きい」もないもんだが、でも大きい。
 もちろんレッズが残り全部勝つことを前提にしてだが、その中にはG大阪戦もあるから、それを計算するとあとは7試合で勝ち点7差になる。G大阪が勝ち点8を失う(つまり2敗1分けする)可能性は残り6試合より7試合の方が高い。爆発的な得点力を誇るG大阪だが、ワースト4位の失点数がその根拠だ。
 もう一つ、ポイントになるのはレッズ対ガンバが残り8試合の4試合目だということ。たとえそれまでの3試合でガンバが勝ち点を落とさなかったとしても、レッズ戦のあとにまだ4試合も残っているのだ。レッズが強烈なダメージを与えるような勝ち方をすれば、その後の試合に響いていくことも考えられる。
 G大阪戦までの3試合に全勝すること。それは8月20日のFC東京戦を最後に勝ちがないホームで連勝するということでもある(大宮戦は埼スタだからホーム3連戦、という見方もできる)。
 そう考えると2005シーズンのお楽しみはまだまだ続く。なにせ8試合と言えば、去年までなら1ステージの半分以上残っているのだから。

 上にも書いたように、浦和レッズのプライドをどの試合でも見せなければならないことは、7試合が8試合でも変わりがない。もっと言えば、残りが34試合でも同じはずだ。すべての試合で「PRIDE」を持って戦う。その結果が成績という「PRIZE」になって得ることができるのだから。
 ところで、どの試合を見逃してたんだろう?
(2005年10月7日)
〈EXTRA〉
 なんか、都合のよい数字だけを並べてモチベーションを上げようとしているように見えるが、実はその通り。自分自身のモチベーションを披露することで、少しでも多くのレッズサポーターの体温が上がってくれれば、と思っている。俺はライターや編集者やカメラマンを職業にはしているけれど、このコラムは「MDPはみ出し話」のときからずっと、1人のレッズサポーターが仲間に向けて発信しているもの。それ以上のモンじゃない。と思っていたのだけれど…。

 「レッズサポのプライドなんていっていてもほかのチームのサポにとっては笑い話レベルになっていることを知ったほうがいいです」とメールを寄こした人がいる。
 あれ?これ悪口なのかな。でも怒りが湧かない。
 レッズサポーターのプライドがほかの人に理解できるとも理解してもらおうとも思ってないし、ほかのチームのサポが笑い話にするのもありうることだと思う。俺も他のクラブの運営やサポーターの行動を見て理解できないことは多いから。人間が異国の文化をなかなか理解できないのと同じかな。だいいち、やってる自分たち自身が「まったく俺たちよくやるよなあ」「バカだよな」と思ってるんだから、たまには笑われて当然かもしれない。だから、このメールに「はあ、そうですか。で、それが何か?」としか思わない俺は非国民?いや非レッズサポーター?

 異国の文化を理解できないからといってバカにしたり笑いものしたりしているだけでいいの?という常識的な疑問は湧くが。
TOPWeps うち明け話 バックナンバーMDPはみ出し話 バックナンバーご意見・ご感想