Presented by 埼玉縣信用金庫
Weps うち明け話
#058
得な人っているよね
 最初にお断りです。この回を掲載した数日後、「事実誤認がある」旨、複数の方からご指摘がありました。文中に、東京ヴェルディのラモス監督の話が出てきますが、「このコラムのテーマの元になっている行為の主はラモス監督でなく都並敏史コーチである」というものです。現在、事実関係を確認するため各方面に手配をしている状況ですが、確認が取れ次第、この回についてしかるべき処置をし、関係者にお詫びをするつもりです。本来、すみやかにこの回自体を削除すべきなのかもしれませんが、当面は自戒の意味を込めて、原文には手を加えず掲載を続けます。初めてこの回を読まれる方は、そのことをご承知置きの上、ご覧ください。
 4月9日の福岡戦は前泊だった。次の水曜日にホームゲーム(ナビスコ福岡戦)があるから試合の後でゆっくり泊まっている訳にはいかない。しかし、せっかく博多に行くのに1泊もせずに帰る訳にはいかない…、いやそうじゃない。前日の土曜にサガン鳥栖−東京ヴェルディ戦があるから見に行こうと誘われたからだ。まあ、せっかく博多に泊まるのだから夜は行きつけの天神の屋台にお邪魔したが。
 試合の方は、前半のうちに東京Vが1人退場になり、力のバランスは良くなったが、先制は東京V。鳥栖がいったんは追いついたが最後は東京Vが決勝点を挙げた。個人の能力の差が出た感じだ。

 さて試合を見ながらも、どうしても東京Vベンチに目が行ってしまう。なにせ選手の誰よりも監督が有名なチームだから。前半、東京Vが10人になって、ラモス監督がどういう戦い方をするのか。アウェイで1人少なくなった。まだ0−0。守りを固めて引き分けを狙うのか、鳥栖相手に引き分けてはいられないからあくまで攻めるのか、興味深かった。
 と見ていたら、東京Vベンチ前でボールがタッチラインを割って鳥栖ボールになりラモス監督がそれを拾った。お、この返し方で、時間をかけさせるのか、そうでないのか目安になるかな。でも考えてみれば、相手の攻撃エリアでのスローイン。ゆっくり返すのが普通だな。などと思っていたら、ボールボーイがボールを入れて何事もなくプレー再開してしまった。ところがラモス監督は手に残ったボールを、そのまま真上というか真後ろにポーンと投げたのだ。ボールはメーンスタンドへ。
 あららー。迷惑だなー。でもラモスなら何でも許されるんだろうな。

 試合は続く。後半の終盤、平本がうまく決めて2−1。残り時間は少ない。と、さっきと同じ位置でボールが出た。どっちのボールかは覚えていない。やはりラモスが拾った。つまりしょっちゅう、ベンチの前で立っているということだ。今度は絶妙のタイミングでボールを中に返した。「絶妙」というのは、ボールボーイがボールを入れるのに一瞬遅れてラモス監督もボールを入れたからだ。ボールが2個入ってしまえば、試合は再開できない。残り数分で1点負けている鳥栖側にとっては、実にイライラする時間だったろう。
 ラモス監督は、その前のスローインのとき、ボールボーイに「負けた」から、今度は急いで返したのだろうか。そうではない。そんなに急いではいなかった。彼にとって急がねばならない理由は何もないのだから。それに、自分が返さなくてもボールボーイがちゃんと仕事をする、というのは前回経験しているのだから、自分がボールを中に入れれば2個になって試合が遅れる、というのはわかっていたはず。巧妙な遅延行為だと言っていい。でもラモスなら何でも許されるんだろうな。

 小さなことかもしれないが、この試合で強く印象に残った二つのことのうちの一つだ。「そこまでして勝ちにこだわるのがプロ」という見方もできるし「サッカーの内容にはまったく関係ない行為で見苦しい」とも言える。判断はそれぞれだ。だけど、一連の行為にマッチコミッショナーは何も言わないのか?という疑問は残る。ラモスって得だなあ。

 で、この試合で印象に残った二つ目のこと。東京V側のゴール裏に、「土方歳三」の絵が旗に描かれて張られていた。僕は初めて見た。あれは土方さんのように「自分1人になっても、信念は曲げずにこのチームを守るぞ」というサポーターの意気込みの表われなのだろうか。それともただ、土方さんが東京Vのホームタウン付近の出身だからだろうか。
(2006年4月21日)
〈EXTRA・2〉
 上記の内容について、「2回ともボールを投げたのはラモス監督ではなく、都並コーチ」という指摘がありました。そうだとすれば僕の見間違いです。スタンドから見ていてラモス監督だと思っていましたから、完全に僕の目が悪いのでしょう。冗談ではなく眼鏡を買い替えるか、双眼鏡を持ち歩くかしないと駄目ですね。
 僕は今すぐにビデオで確認する手段がないので「そうだとすれば」と仮定形にしてありますが、指摘してくれた方がはっきり「ビデオにも映っている」ということなので、そちらの方が正しいと思われます。
 このコラム自体を削除するか、文中の「ラモス監督」を「都並コーチ」に替えるか、迷ったのですが、いずれも自分のミスを塗りつぶすみたいなので、原文もさらした上で、事実誤認があったようだと指摘しておきます。申し訳ありません。
 間違いをした上で、居直るようで恥ずかしいのですが、自分自身で事実関係を確認して、その上で関係者にお詫びする時間がすぐには取れません。あらためて何らかの手段を講じたいと思います。まずは原文にこの注意書きを張ることで間違いが広がるのを避けるだけにとどめます。

〈EXTRA〉
 大丈夫。活動してます。
「いつもは意見させて頂いております。最近更新がないようですがいかがされましたでしょうか。体調を崩されたのでしょうか。そうであれば、無理をなさらないでください。連戦でお忙しいのでしょうか。MDP本体優先と理解できますので、無理をなさらないでください。更新される日を楽しみにしています」
 というメールをもらって初めて異常に更新が遅れているのに気がついた。この方の言うことがほぼ百パーセント当たっている。連戦でMDP本体が忙しく、体調も悪かった。3月の最終週は水曜と日曜にホーム。4月の第2週は水曜と土曜にホームだった。ギドが「16日間に5試合」(広島戦から名古屋戦まで)と言っていたけど、「18日間に4冊のMDP」(F東京戦、名古屋戦、ナビ福岡戦、京都戦)も、なかなかのものだった。しかも他の仕事はありがたいことに確実に去年より増えているし、体力は確実に去年より落ちている。
 でも、今までそれを理由に3週間も更新をサボったことはない(もう少しで4週目に突入するところだった)。関係者にはご迷惑とご心配をかけてしまった。正直言えば、3週間も更新しないでいたとは思えない。感覚的に「あ、怠けてるな」という気はあったが、こんなに長いとは。
 本当にサボっていた訳じゃない証拠に、書きかけたネタが実はかなりある。だから4月8日の話なのだ。

 ところで、このメールの方から意見をもらったことがそんなにあるだろうか?と考えても思い当たらない。「いつもは意見させて頂いております」…。もしかして「いつも拝見させて頂いております」か?なんだ、変換ミス、俺だけじゃないじゃん。(お前はプロだろうが!)
TOPWeps うち明け話 バックナンバーMDPはみ出し話 バックナンバーご意見・ご感想