Presented by 埼玉縣信用金庫
Weps うち明け話
#092
次の目標
 埼玉県では少年サッカーの県大会が年に2回ある。6月の全日本少年サッカー大会県予選と、11月の県サッカー少年団大会だ。もう一つ昨年までNTT東日本カップという名称で行われていた大会も県大会だが、これは出場資格が小学5年生以下なので、いわゆる新人戦だ。「トップチーム」という意味では2回、といっていい。
 「男子三日会わざれば、括目してこれを見よ」とは、小学生によく当てはまる。6月から11月にかけてものすごく成長する子がいるから、当然試合としては11月の県大会の方が面白い。だが、6月の県大会は何といっても「キャプテン翼」でおなじみの全日本大会につながっているから、モチベーションは高い。
 だが11月の県大会が、「勝っても全国に行ける訳じゃないから」選手やチームが重視していないか、というとそんなことはない。なぜなら6年生にとっては小学生時代最後の大きな大会だからだ。これは上部大会の存在に匹敵するモチベーションだろう。

 リーグ優勝という、国内の頂点に立って、力が抜けてしまう人はほとんどいないだろう。何と言っても世界に通じているACLがある。もちろんJリーグはACLの日本予選ではないけれど、そういう見方も間違いではない。そしてACLの上部大会がFIFAクラブワールドカップというのは大きなモチベーションだ。
 レッズは前回の天皇杯優勝で2007ACL出場権を得たが、日本チャンピオンとして出場することになり、もう1チームがどこになるのかよくわからないが、なんだか損した感じがしないでもない。振り替え休日制度がなかった時代の、祝日と日曜日が重なったときみたいだ(あ、若い人は知らないか!)。
 もう1チームは、Jリーグ2位の川崎ではなく、今回の天皇杯優勝チームを派遣しようという動きもあるみたいだが、その場合、もしレッズがまた天皇杯も獲ってしまったらどうなるんだろう?
 そういうサッカー協会の困惑を見たい訳ではないが、天皇杯連覇というのは僕にとってかなり大きな願いだ。

 レッズは遅れてきた強豪チームだ。初めてのビッグタイトルは2003年。しかも権威的には3番目とされるナビスコ杯。次のタイトルは天皇杯。チャンピオンにはようやく2006年になった。Jリーグ発足の92年から15年目。この間に優勝にまつわる記録はずいぶんできてしまっている。リーグチャンピオンの連覇、ナビスコカップの連覇、三大タイトルの独占…。三大タイトルを全部取ったことのあるクラブもレッズを入れて5つと珍しくもなんともない。いや、V川崎も鹿島も磐田も横浜Mも、みんな何かのタイトルは2回か3回取っているから、それぞれ1度ずつしかないレッズは、ピッカピカの1年生だ。たとえ「先輩」諸兄が今はパッとしていなくても。
 2007年と2008年に連続三冠を獲得するのが、国内大会でどの「先輩」たちにも威張れる最短ということになる。それはかなり高い目標としても、当面目の前にある天皇杯。ここで連覇したクラブはJリーグ発足以降、皆無だ。2回優勝は鹿島、横浜F、名古屋と3クラブあるが、ナビスコもリーグも連覇はあるのに、天皇杯での連覇がないというのが面白い。
 だからレッズの次の目標は、「上部大会」である来季のACL〜クラブワールド杯であることは間違いないが、天皇杯連覇というのもモチベーションが上がる目標なのだが、どうだろう。
 ACLに出るもう一つのクラブを指して、どっちにしても「あっちは2位で出てるから」と言えるのも気持ちいいじゃないか。
(2006年12月8日)
〈EXTRA〉
 今は、2003年の初タイトル獲得以来、初めてそれを超える喜びを味わっている。だから、あのときにやったことは全部グレードアップしてやらなければ。
 という訳で「根付」プレゼントの2回目を実施します。「根付」についての詳しい説明は「MDPはみ出し話」の#275を見てほしい。応募要領だけ。
あて先
  EメールでHAG03546@nifty.ne.jpへ。件名は「根付○○○○」(○○○○は自分の名前)で。
締 切
  12月9日(土)24時。
当 選
  抽選で50人にプレゼント。
必要記入事項
  ・〒住所、氏名、年齢
・名前の表記の希望(ローマ字で12字以内。長い場合は(「J.SEIO」か「JUN.S」など省略で)
ご注意
  ・1人1個の応募でお願いします。
・名前の表記は応募者本人のものでなくても構いませんが、無表記の希望は受け付けません。
・レッズサポーター以外の方の応募は固くお断りします。「今日からレッズサポーター」という方も、次の機会までお待ちください。
TOPWeps うち明け話 バックナンバーMDPはみ出し話 バックナンバーご意見・ご感想