Weps うち明け話 文:清尾 淳

#366

2度目

 前回、#365という通し番号を打ったときに、“1年の日数”以外に何か感じたのだけど、思い出せないままスルーしてしまった。その後、読者の方からメールをもらって、何に引っかかったのかを思い出した。
「MDPはみ出し話」が#365で終了したのだった。

 埼玉新聞社を退職して、フリーになったことで区切りを付けるために「MDPはみ出し話」から「WEPSうち明け話」に切り替えた。自分の立場が変わった ことを自覚しようと、そうしたのだった。MDPに書ききれなかったことを書く、というスタンスから、いろいろな立場でレッズに関わる中で考えたことを書い ていく、というつもりだった。実際には、内容的にほとんど同じだったように思うが。

 その回数で、後者が前者を越えたと思うと、何だか感慨深い。時代が一つ変わったような気がする。
 実際に、僕がフリーになった05年以降、毎年タイトルを獲得するシーズンが続き、ACLはもちろんクラブワールドカップの取材までさせてもらった。そし ていろいろなものが下降線をたどった時期を経て、今季は再び成長の緒についた感がある。そして来季、Jリーグの優勝を目指しながらアジアで戦う、という時 代が戻ってきた。

 当時、在籍していたクラブスタッフ、選手、そして多くのサポーターが、簡単ではないことを知っている。だが、2度目というメリットは小さくないはず (ACL出場は3度目だが、グループステージから戦うのは2度目)。ぜひとも前回より、うまくやりたい。もちろん勝敗についても良いものにしたいが、それ は相手のあることだから、確実ではない。しかし、自分たちがやるべきこと、やった方がいいこと、やらない方がいいこと、やってはいけないこと、そういうも のの記憶はある。初めてのときはできないが、2回目ならばできることもある。
 経験があるから2度目は楽、というのではない。経験があるからこそ、2度目はもっと良いものにしたい。前回より時間はないが、ダブルの戦いをどうやって 進めていくか。みんなで知恵を出し合いたい。いま考えている企画があるので、実施の運びになったら、みなさんにも協力をお願いすると思う。

 このコラムも、言わば“二回り目”が終わった。社員時代の365回とフリー時代の365回を経て、三回り目は、もっと良いものに、と言いたいところだが、まずは週1更新を守ることをしっかりやって、“より良い”第一歩にしたい。
(2012年12月13日)
EXTRA
「2013レッズサポーター望年会」のご案内
<日時>1月27日(日)13時半〜16時半(受付開始13時)
<会場>埼玉スタジアム2002ボールルーム
    (スタジアム1階・レストプラザ横)
<会費>一般 5,000円/小中学生 2,000円(幼児無料)
<定員>150人
<主催>実行委員会
<開催趣旨> 
・発音すると「ぼうねんかい」ですが、文字どおり2013シーズンを展望する会です。
・日ごろ一人あるいは少人数で応援している人たちも、仲間との絆を確認し合えます。
・内容は、飲食を中心に(お酒が出ます)、清尾やゲスト(未定)のミニトーク、参加者交流ゲームなどです。
<参加申し込み方法>
・Eメールで hag03546@nifty.comへ。PCから返信できるアドレスからお願いします。
・メールの件名は「望年会○○○○●人」としてください(○○○○は代表者のフルネーム、●は参加人数)
 ※例:「望年会清尾淳4人」となります。
・代表者の氏名、メールアドレス、携帯電話、同伴者全員の氏名(小中学生の場合はその旨)を添えて申し込んでください。
・一次締切 1月4日(金)
 1月4日以降、応募者全員に参加の可否を返信します。空きがある場合、さらに告知します。
・内容について、ご意見をお寄せください。運営の参考にさせていただきます。

 

 

 

 

この8年間、MDPの内容も編集体制もだいぶ変わってきた。

 

(2012年12月13日)

  • BACK
  • 埼玉縣信用金庫 Top Pageへ
  • キャンペーン一覧
  • 浦和レッズ オフィシャルホームページ
  • ファンファンレッズ
 

Copyright © 2012 The Saitamaken Shinkin Bank. All Rights Reserved.