Weps うち明け話 文:清尾 淳

#384(通算#749)

記録

 5月11日(土)、大宮が仙台に敗れ、連続不敗記録が21でストップした。それが午後4時前。午後7時から試合を控えた浦和レッズのミシャ監督は、今日からレッズが新しい記録を作っていこう、と選手たちに呼び掛けたという。

 大宮の記録が止まったからといって、レッズが引き継ぐ因果関係は何もない。だが大一番――、20周年記念だからとか、鹿島戦だからというのではなく、2連敗の後のC大阪との引き分けが、連敗を止めて白星基調に戻る足掛かりだったのか、勝ちなしが続いただけだったのかが決まる大事な試合という意味で――、にあたってモチベーションには十分なる。というより、レッズはその言葉がモチベーションとして成り立つチーム、選手たちにその言葉を絵空事でなく目標として受け止める土台があるということだ。

 

 連勝ではなく連続不敗は、その内容によって差があるから、一概にはどうと言えない。極端な話、開幕から最終節まですべて引き分けの34試合連続不敗記録を達成したら、おそらく降格してしまうだろう。5試合に1回負けたとしても、3勝1分け1敗=勝点10のペースなら優勝ラインだ。たまに対策を採られて負けたとしても、そこを改善し、また連勝していく。その方がタイトルに向けては現実的な話だ。

 

 大宮戦の後しばらく、負けたことが相当悔しかった様子がミシャ監督からうかがえた。監督は、単に鹿島戦に勝つためのモチベーションとして、この話をしたのではないと思う。しばらくは口にしないかもしれないが、かなり本気だろう。鳥栖に勝って、連続不敗記録は3試合だから、まだ先が長いが、大宮に新記録を作らせたレッズが(その後の3チームも新記録を作らせたのだが)、今季中に大宮の記録を塗り替える、という目標は、持っていたい。

 5月6日のC大阪戦をスタートとして、22試合目は、第30節、10月27日か30日の柏戦となる。

 何と、20試合目がホームの大宮戦で、21試合目がアウェイの鹿島戦。

 

 そういう、しびれる日々が続く秋にするために、中断まであと2試合。しっかり勝ちたい。

 負けたくないんじゃない。勝ちたい。

(2013年5月24日)

EXTRA 

 記録というのは、狙ってできるものもある。たとえば禁煙記録更新などは狙ってできるものだし、それを更新しているうちに、タバコを完全にやめることができるかもしれない。

 僕も、若いころは絶食記録とか不眠記録とか、あまり意味のないものに挑戦していたが、今度は自分にプラスになるようなことで、身近な何かの記録を更新していこうかな。

(2013年5月24日)

  • BACK
  • 埼玉縣信用金庫 Top Pageへ
  • キャンペーン一覧
  • 浦和レッズ オフィシャルホームページ
  • ファンファンレッズ
 

Copyright © 2012 The Saitamaken Shinkin Bank. All Rights Reserved.