Weps うち明け話 文:清尾 淳

#390(通算#755)

4度目の会

 6月1日(土)、富山市内で北陸地方関連サポーターの懇親会があって、参加してきた。会の名称は正式なものではなく僕が適当につけた。このコラムでも何度か紹介しているが、北陸地方出身、現在北陸地方在住というだけでなく、かつて北陸地方に在勤したことのある人など、何らかの形で北陸地方に思いを持ったレッズサポーターの集まりで、特に団体というわけではない。

 この集まりに出させてもらったのは4回目。去年の5月19日、ホーム清水戦のあと浦和で、今年の1月のオフ時期に金沢で、今季の4月27日、ホーム清水戦のあと浦和で、そして今回だ。初めてのときに比べて、顔と名前が一致し来歴を知っている人がだんだん増えてきて、楽しくなってきた。
 今回、話題になった一つは天皇杯。1回戦から3回戦の日程や組み合わせが発表され、レッズは埼玉代表対栃木代表の勝者と2回戦で対戦する。勝った場合、3回戦の相手はモンテディオ山形とカターレ富山の勝者となる。まだ3回戦の会場は発表されていないが、カターレが勝ち、会場がカターレのホームスタジアムになった場合、地元の富山にレッズを迎えるかもしれない。そのことで、大いに盛り上がった。
 もしレッズとカターレが共に3回戦に勝ち進んだとしても、集客を考えれば、会場は埼玉になる可能性の方が高いだろう。残念ながら、みんなの願いは叶わないかもしれない。
 しかし、自分の地元でレッズが戦って欲しい、自分の好きなチームを少しでも地元の人に見て欲しい、という気持ちが痛いほどわかった。今回一番この会に来た実感があったときだった。

 今回は20数名の参加だった。リーグ後半戦の試合開始時間が発表されたら、デーゲームの日を選んで、また浦和開催があるだろう。4月のときには、石川県出身のサポーターを一人連れて行った。また呼んでもらうのが楽しみだ。

 北陸地方に何らかの引っかかりがあるみなさん、今度は参加してみませんか。
 興味のある方は、とりあず僕に連絡ください。
(2013年6月4日)
EXTRA
 まだ明るい午後6時ごろ、店の前に赤いレプリカを着た人たちが集まり、入っていく光景。それ自体は見慣れているものだったが、そこが富山だということを考えると、周りからは奇異に映ったろうな。

(2013年6月4日)

  • BACK
  • 埼玉縣信用金庫 Top Pageへ
  • キャンペーン一覧
  • 浦和レッズ オフィシャルホームページ
  • ファンファンレッズ
 

Copyright © 2012 The Saitamaken Shinkin Bank. All Rights Reserved.