Weps うち明け話 文:清尾 淳

#810

私約

 1月26日(日)の「2014シーズン・レッズサポーター開幕準備会」には58人が参加してくれた。僕と、ゲストの須藤レッズ運営部長、橋本レッズ代表を入れて61人だ。
 例年の「望年会」の半分だが、感触としては成功だった。というか、100人を超えると運営が難しかったかもしれない。
 というのは、今回も10卓に分かれて、それぞれの卓で相談しないといけないようなクイズをネタに交流してもらったのだが、1卓5〜6人というのが、ちょうど良い人数だったようだ。10人以上になると、まったく話さないで終わる人が出てきてしまうかもしれないが、これくらいの人数だとみんなが少しずつ話ができ、顔を覚えるのにも無理がない。

「望年会」のように、アルコール付きの飲食中心にしなかったのも良かった。酒がないと交流できないというのは、酒飲みの論理かもしれない。
 次回を望む声が多かったので、また開催する方向で検討しよう。今回は何人参加があってもいいように、埼スタボールルームという広い部屋でやったが、逆に70人以下に制限すれば、もっと狭い経費があまりかからない場所もあるだろう。ワールドカップ期間中はどうか、という声もある。寝不足でなければ可能かもしれない。
 参加されたみなさん、ありがとうございました。

 さて、会の席上、約束したことがある。「望年会」だと最後には酔っ払って、景気良く何でも約束してしまって覚えていないこともあったが、今回は素面だから忘れていない。内容は
「レッズのポスターやバナーなどを個人で預かり、自分の家以外のところに掲示しているサポーターを取材し、その思いや、やり方を多くの人に伝える」というものだ。
 きっかけは、旧大宮市在住のサポーターから出た「自分の地区もホームタウンのはずなのに、レッズのポスターがなくて寂しい。クラブは旧大宮市を差別しているのでは」という意見がきっかけ。
 そこから話が広がっていって、上記のようなことを約束した次第だ。話が広がった過程が面白いのだが、今は省略。
 
「公約」とは政治家でなくても、公の場で公衆に約束したことも指すが、この会は公の場とは言えないし、60人は公衆ではないだろう。これは私的な約束だと思うが(「公約」があって、なぜ「私約」がないんだろう)、このコラムに書くことで自分を縛ろうと思う。また、上記のような活動をしている人、そういう人を知っている人、ぜひ連絡をください。
 取材した後、どうやって伝えるかは決まっていない。このコラムか、MDPか、レッズのオフィシャルサイトか、ふさわしい媒体を借りようと思う。
EXTRA
 もう一つ、私約。
 ビジュアルサポートの中心になっている、ロッソ・ビアンコ・ネロ浦和のメンバーから席上、「昨年、雨の試合で使用したビジュアルのアイテムをきれいにして、開幕に備えたい。大勢の手が必要なので、協力をぜひ」という呼びかけがあった。その件も、ここで伝えると約束したので、下記を。すみませんが、僕は指宿キャンプに行っているので両日行けません。

○日程:
2月9日(日)と16日(日)
○時間:
両日共に10時から13時の間に行います。出入り自由です。
○場所:
埼スタ・北門に来ていただければ、ご案内します。
○内容:
①シートの再生(昨季、雨に濡れてしまったシートをウエスで綺麗にする)
②アイテム(シート・小旗)の整理整頓
③デカ旗の補修(穴が開いたり、縫いが開き始めている箇所を縫う)をメーンに行う予定です。
○備考:
◎屋根下での活動になるので雨天時でも行いますが、屋外のため、完全防寒でお願いします。
◎道具等はこちらでご用意致します。もし、ご用意いただけるならば、ペットボトル(500ml〜2Lの何でもOK)にお湯をご持参いただけると助かります。
◎車でお越しになる方へ。両日共に埼スタでイベントを開催している関係で、駐車場に停められない場合もございますので、ご注意を願います。

○質問等、当日の連絡先:Rosso Bianco Nero URAWA・早川まで
・携帯09044506373
・携帯メールtasukubaby@ezweb.ne.jp

(2014年1月29日)

  • BACK
  • 埼玉縣信用金庫 Top Pageへ
  • キャンペーン一覧
  • 浦和レッズ オフィシャルホームページ
  • ファンファンレッズ
 

Copyright © 2012 The Saitamaken Shinkin Bank. All Rights Reserved.