Presented by 埼玉縣信用金庫
Weps うち明け話
#311
今年27試合
 トントン拍子に行くとは思っていなかったが、こういう形は予想していなかった。
 第31節でレッズが勝ち、甲府が負ければ勝点5差。そうなれば次の32節で残留が確定する可能性があったが、そんなにうまくは行かず、勝点2差のまま推移するのではないか、とは思っていた。
 たしかに31節を終わって勝点2差のままだが、僕が想像したのは両方勝っての勝点2差であり、両方負けてのそれではなかった。しかも甲府は先制しながら残り数分で横浜FMに逆転負けという悔しい試合だったが、レッズはスコアも今季最低なら内容もそれに近い試合で負けた。こういう気持ちで今週を迎えていることは想像しなかった。この次の土日に試合がないことを素直に喜んでいる。もちろん悪いことの先送り、ということではなく、チームを立て直して仙台戦に臨む、という意味で。トントン拍子に行かないのは周りの状況ではなくて、自分たちのことだった。

 さて、全日本女子選手権の組み合わせが発表され、レッズレディースの今年最後の大会の日程がはっきりした。他にもいろいろな大会の詳細が決まってきて、今年も残り50日余りなんだという実感が湧いてきた。一応、並べておくと…、
【レディース】
 なでしこリーグ:11月12日・19日の2試合
 全日本女子選手権:12月18日の3回戦から準決勝まで3試合
【ユース】
 Jユースカップ:11月20日の1回戦から決勝まで5試合
 高円宮杯プレミアリーグ:12月4日・11日の2試合
【ジュニアユース】
 高円宮杯全日本ユース関東予選:11月12日・13日の2試合
 高円宮杯全日本ユース選手権:12月23日の1回戦から決勝まで5試合
【レディースユース】
 関東女子リーグ:11月13日の1試合
【トップ】
 Jリーグ:残り3試合
 天皇杯:11月16日の3回戦から準決勝まで4試合

 ユースのJユースカップ決勝トーナメントとジュニアユースの高円宮杯全日本ユース選手権は、まだ出場が決まっていないし、その他のトーナメント戦も全部勝ち進んでの話だが、今年中にあるレッズファミリーの公式戦は最多で27試合ということになる。27試合全部実施されればすごいことになるが、それでもタイトルを獲れているかはわからない。全日本女子と天皇杯は決勝を来年に持ち越すわけだし。第一、そんなにトントン拍子に行くとも思えない。
 トントン拍子でなくてもいい。どんな格好でも、トーナメント戦は一つでも多く、すなわち一つでも上に行って欲しい。そしてリーグ戦は、とりわけトップのJリーグは、どんな内容でも3試合で勝点7を取って欲しい。27試合のうち、どれが大事だとは言いにくいが、絶対に落としてはいけない3試合がこれだ。
(2011年11月8日)
EXTRA
 レッズサポーター望年会についてのお知らせです。
 毎年、12月に行ってきたこの会ですが、上記のようにレッズファミリーの試合が詰まっており、全部勝ち進んで欲しいという思いから、12月に望年会の日程を入れることができません。
 したがって、開催日を来年にずらすことにしました。1月や2月に「ぼうねんかい」とは?と思われるかもしれませんが、もともと次のシーズンへ期待をかける「望」年会ですから、新しいシーズンの陣容や方針が固まってからの方が、よりネーミングにふさわしい語り合いができると思います。
 来年の日程については、日を改めてお知らせします。
(2011年11月8日)
TOPWeps うち明け話 バックナンバーMDPはみ出し話 バックナンバーご意見・ご感想