「スパイウェア」にご注意ください

 インターネットバンキング利用者のパソコンからパスワード等が不正に盗まれ、お客さまの預金口座から、本人が知らないうちに他の金融機関の預金口座に送金されるという事件が報道されています。
 「さいしん投信インターネットサービス」をご利用のお客さまは、下記の事項をご理解・ご確認いただいたうえでご利用いただくようお願いいたします。

 

 スパイウェアは、パソコンに保存されている個人情報やデータを、お客さまが気付かないうちに無断で盗み出したり、盗み出した情報をもとに強制的に広告を画面に表示する等のプログラムを総称して「スパイウェア」と呼びます。
 スパイウェアの多くは、一見様々な利便性を提供するよう装って自らをインストールさせるか、自動的にダウンロードさせる仕掛けを施したウェブサイトの閲覧や電子メールによってファイルを送りつけ、システムの欠陥を利用するなどしてインストールされます。

 

スパイウェアが侵入すると、次のような現象が起こることがあります。

  • ・Internet Explorerに見覚えのないツールバーが追加される。
  • ・Internet Explorerのホームページが書き換わる。
  • ・意図しない広告サイトが表示される。
  • ・意図しない複数のポップアップウインドウが開く。
  • ・自動的にコンピューターから外部へ情報が送信される。
  • ・自動的にインターネットへ接続され、ファイルがダウンロードされる。
  • ・テスクトップ等にアダルトサイト等を示すリンクが追加される。
  • ・ダイアルアップ接続時に自動的に国際電話等へ接続される。
  • ・コンピューターに重大な問題があると偽りの表示が出て、ソフト等の購入が要求される。

このような現象を見逃さず、おかしいな?と思ったらセキュリティソフトでウイルスチェック、スパイウェアチェックをするように心がけてください。

 

スパイウェア対策

  • ・心当たりのない電子メールを安易に開いたりしない。見知らぬWebサイトからフリーソフトなどをダウンロードしない。
  • ・セキュリティ警告が表示された際はよく内容を確認し、内容がわからなければ、「いいえ」を選択する。
  • ・Windows Updateを定期的に実行する。
  • ・セキュリティ対策ソフトを定期的にアップデートする。
  • ・不審なサイトへアクセスしない。
  • ・図書館やインターネットカフェ等の不特定多数の人が利用する機会のあるパソコンを使用して「さいしん投信インターネットサービス」の取引は行わない。

 

その他対策

 不審なPDFファイルを添付した電子メールによるスパイウェアが報告されています。
 なお、本事象の詳細につきましては、アドビシステム株式会社のホームページに記載されておりますので、そちらをご覧ください。
 アドビシステム株式会社のページは→こちらからご確認ください。

 またアドビシステム株式会社では、最新バージョンへのアップデートにより回避できることが報告されており、最新バージョンへのアップデートが推奨されておりますのでご検討ください。
 最新バージョンへのアップデート方法につきましては→アドビシステム株式会社のページをご覧ください。

 

商号:埼玉縣信用金庫 登録金融機関:関東財務局(登金)202号 加入協会:日本証券業協会

Copyright © 2012 The Saitamaken Shinkin Bank. All Rights Reserved.