トピックス

格付けの取得について

さいしんは、下記のとおり株式会社日本格付研究所(JCR)より、昨年度同様に上位ランクに位置づけられるA−(シングルAマイナス)の格付けを取得しました。
【格付機関】

株式会社日本格付研究所(JCR)
【格付けの措置】
『長期優先債務』 格付け:『A−』(シングルAマイナス)
見通し:『安定的』
長期優先債務格付けとは、債務者(発行体)の債務全体を包括的に捉え、その債務履行能力を評価したものです。
※JCRの長期優先債務格付けは、「AAA」、「AA」、「A」、「BBB」、「BB」、「B」、「CCC」、「CC」、「C」、「D」の10等級に区分され、「A」は上から3番目となります。「A」の意味は「債務履行の確実性は高い」とされています。また、「AA」から「B」までの格付け記号には同一等級内の相対的な位置を示す符号として、プラス(+)もしくはマイナス(−)の符号による区分があります。
【格付事由】
(1)埼玉県熊谷市に本店を置く資金量約2.4兆円の大型信用金庫。県内の預貸金シェア(ゆうちょ銀行除く)はともに7%と、競合の激しいマーケットで一定の事業基盤を有する。貸出金残高は、近年、中小企業向けが減少傾向にあるものの、住宅ローンの堅調な伸びに支えられ、底堅く推移している。
(2)貸出資産の質は良好。特定の大口先への与信集中は目立たず、総与信に占める分類額のウェイトが抑制されているほか、金融再生法開示債権比率も11年9月末で3.81%(部分直接償却は未実施)と業界平均を下回る水準にある。与信費用も貸出残高対比で落ち着いた推移をみせている。
(3)有価証券運用においても、極端なリスクテイクはみられない。価格変動リスクの大きい株式や投資信託などはほとんど保有しておらず、金利リスクについては、保有債券の増加とともに拡大傾向にあるが、資本対比でみれば過大な水準となっていない。
(4)11年9月末の単体TierI比率は9.67%。繰延税金資産は小さく、資本の質は良好。ただ、コア業務純益でみた収益力が低いため、内部留保の蓄積速度は遅い。
(5)ここ数期、コア業務純益は減少傾向にあるうえ、足元のROA(コア業務純益ベース)も0.3%程度と低い。良好な貸出資産や資本の充実度などが格付を支えているが、収益力の向上が課題である。JCRは、今後も、貸出金や余資運用の利回り低下によって収益が圧迫される可能性は大きいとみており、中期経営計画で掲げている経費の見直しなどを通じて、収益力を強化していけるかが、注目ポイントと考えている。
  • 口座をひらく
  • 店舗・店舗外ATM情報
  • 資料請求
  • お問い合わせ・ご意見
  • 各種お申込み
  • よくあるご質問

  • 金利一覧
  • 手数料一覧
  • 外国為替相場
  • 投資信託基準価額一覧
  • マーケット情報
  • 商品概要説明書一覧
  • キャンペーン一覧
  • スマートフォンサイト/携帯サイトのご案内
  • コラム weps うち明け話
  • 浦和レッズ オフィシャルホームページ
  • ファンファンレッズ
 

商号:埼玉縣信用金庫 登録金融機関:関東財務局(登金)202号 加入協会:日本証券業協会

Copyright © 2012 The Saitamaken Shinkin Bank. All Rights Reserved.