トピックス

「さいしんを知ってほしい」(3)〜初代理事長の想い(6)〜

・・・・・・初代理事長の想い(6)・・・・・・

●対談●

    村上義之助氏

平凡なことを非凡な努力でなす


ホスト 草柳大蔵
初代理事長:村上義之助氏

初代理事長:村上義之助氏


足で歩くということが基本

草柳 

 平凡なことを非凡な力をもってなす、ということは、たとえばどういう場面でしょう。

村上

 営業区域内を小まめに足で歩くということです。そんなことは誰もが知っていることで、簡単なことですね。ところが実際はその簡単なことが、なかなか実行されない。

草柳

 足で歩くということは、われわれのようなもの書きにとっても基本ですよ。

村上  さきのことをいろいろと考えるのもいいが、えらいこと、むずかしいことを考えずに、きょう1日を悔いなく過ごせばいいじゃないか。あしたはあしたの風が吹くんだし、あしたはきょうと同じように悔いのない日を過ごせばいい。こういっているんです。わしは、みんなに計数をみせて意見をきくが、むずかしい理屈は何もいわんことにしている。
草柳

 なるほど、足で歩く、そしてきょう1日を悔いなく過ごせということね。二宮尊徳も同じことをいっていますよ。「この秋は雨か風かは知らねども、きょうの勤めに田草とるなり」と。つまり秋になってみなければ収穫の程度はわからないが、毎日草を引いていなければいい田圃にならないじゃないかというんですね。ところで村上さんは、自叙伝をお書きにならないんですか。

村上

 わしは自叙伝がきらいなんです。いいことばかり書いて本当のことを書かない。本当のことをいえばたとえば孫のプライドを傷つけちゃうことにならんとも限らん。親父のことでも爺のことでも、みんないいことばかりじゃない。

草柳

 それはそうでしょうが……。

村上

 本当のことを書くとなると、たとえば場合によっては人の悪口も書かなければならんでしょう。すると人に迷惑をかけることになるから、そういったことをみんな省いちゃう。だから結局、いいことばかり並べることになる。

草柳

 自叙伝というのはそれでいいんです。いいことばかり並んでいても、あとからくる人にとっては何か参考になっていくんですよ。自叙伝はその人自身のために書くんだけれども、実際には客観的な記録の価値のほうが大きいですね。「千里の長江にして一曲なからんや」というでしょう。長い河だったらどこか1箇所ぐらい曲がるものですよ。村上さん、表通りを書いたらいかがですか。

村上

 表通りをね。

草柳

 裏通りを書かないように。(笑)

村上

 それはいい言葉だ。裏通りを歩かなければ……。

草柳

 日本の経済は、いままでは表通りばかり歩いてきた経済でしたね。裏通りに底力があったからどうにかつとまってきたんだと思うが、裏通り経済がしっかりしていないと、その国はだめですね。いま、ここにきて、個人消費が伸びない、どうのこうのといっているのは、裏通り経済に陽を当てなかったからだと思うんですよね。

村上

 おっしゃるとおりだ。いいことを教えてもらった。


次回、「阿吽の気合いが何より大事」につづく。

『信用金庫』昭52・5掲載

  • 口座をひらく
  • 店舗・店舗外ATM情報
  • 資料請求
  • お問い合わせ・ご意見
  • 各種お申込み
  • よくあるご質問

  • 金利一覧
  • 手数料一覧
  • 外国為替相場
  • 投資信託基準価額一覧
  • マーケット情報
  • 商品概要説明書一覧
  • キャンペーン一覧
  • スマートフォンサイト/携帯サイトのご案内
  • コラム weps うち明け話
  • 浦和レッズ オフィシャルホームページ
  • ファンファンレッズ
 

商号:埼玉縣信用金庫 登録金融機関:関東財務局(登金)202号 加入協会:日本証券業協会

Copyright © 2012 The Saitamaken Shinkin Bank. All Rights Reserved.