1. TOP
  2. トピックス
  3. 2017年度
  4. 当金庫55店舗が新たに「彩の国ロードサポート団体」に認定されました。

トピックス

当金庫55店舗が新たに「彩の国ロードサポート団体」に認定されました。

当金庫は2015年3月に埼玉県と『包括的連携協定』を締結しており、それぞれの資源を有効に活用し、環境保全、地産地消など、幅広い分野で緊密な相互連携と協働による活動を推進することにより、県民サービスの向上、地域の活性化を図るために取り組んでおります。

このたび、道路美化および道路愛護施策の一環として、当金庫55店舗が「彩の国ロードサポート団体」として新たに認定されました。
本制度は、自治会や学校、地元企業などから構成された活動団体により道路(歩道)のゴミ拾いや花植えをボランティアで行うものです。
また、この活動は、清掃による道路の美化だけではなく、ごみのポイ捨て抑止にもつながっています。
これに伴い、埼玉県庁内にて、2017年9月1日(金)に、県土整備部長 から当金庫への認定書交付式が行われました。

● 当金庫の認定概要
  • ・認定団体数 55店舗
  • ・活動者数 約800人
  • ・活動延長 約7km
● 彩の国ロードサポート制度の概要
  • 1 目 的  快適で美しい道路環境づくりの推進、道路愛護意識の向上
  • 2 制度開始年度     2002年度
当金庫55店舗が新たに「彩の国ロードサポート団体」に認定されました。

(認定書交付式にて。 左から、県土整備部長 西成 秀幸様、当金庫 総務部長 佐藤 保)

ページトップへ