1. TOP
  2. 個人のお客さま
  3. さいしんの商品を人生のイベント別に探す
  4. 子ども誕生・教育

子ども誕生・教育

子ども誕生・教育

《さいしん》がお子さまの教育資金ををサポート

イメージ

大学まで卒業するとお子さま一人あたり1,000万円を超える教育資金がかかります。お子さまの進路によって、必要金額は違いますが、お子さまが小さいうちから毎月の貯金や学資保険を組み合わせるなどして将来の教育費負担の備えが重要です。《さいしん》ではこれら商品の他にも、授業料はもちろん就学に付帯する費用を充てることができる各種教育ローンをご用意しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

《さいしん》のアドバイス

イメージ

妊娠に備え、積立商品でお子さまの誕生を安心して迎えましょう

ご結婚を機に、これからのライフプランをもとに、お金の計画であるファイナンシャル・プランを立てることも大切です。妊娠出産にはまとまった費用が必要になるため、毎月少額でも定期積立などを利用して備えましょう。
またお子さまが誕生したら、お子さま名義の口座開設もお勧めです。教育費をはじめ計画的な貯金ができ、成長とともに親族などからいただくお祝い金などの管理にも便利です。
ほかにも《さいしん》では、急な出費などに対応する使いみち自由なさいしんローンカード「自由自彩」もご用意していますのでお気軽に問い合わせください。

関連サービス

子どもの教育費はどのくらいかかるのでしょうか

幼稚園〜高校

イメージ

お子さまの誕生とともに、成長に合わせた教育資金を考えておく必要があります。「教育費用はどのくらいかかるのか」「どの年代でどのくらい必要なのか」、その目安はあらかじめ知っておきたいものです。
もちろん進路は様々ですから一概には言えませんが、文部科学省の調査などから、世代ごとの教育費用を見ていきましょう。
文部科学省の「子どもの学習費調査」によると、幼稚園から高校までの15年間、すべて国公立に通うと約523万円です。すべて私立の場合は約1,770万円になります。
これは最も学費がかかる場合と、かからない場合の比較になりますが、オール私立の場合はオール国公立と比較するとおよそ3.4倍もの学費がかかります。

幼稚園から高校までの学費

幼稚園(3年間) 小学校(6年間) 中学校(3年間) 高校(3年間) 合計
国公立 63万円 192万円 144万円 123万円 約523万円
私立 149万円 922万円 402万円 297万円 約1770万円

出典元:「文科省 平成26年度の学習費調査」より

大学

大学、短大そして専門学校も含めると高校卒業後の進学率は70%を超えています。高校を終えても一安心とは言えません。ただし進路によっても学費は大きく異なってきます。

大学の学費

入学費用 在学費用 合計
私立短大 78.3万円 312.6万円 390.9万円
国公立大学 79.7万円 405.2万円 484.9万円
私立大学(文系) 95.9万円 599.2万円 695.1万円
私立大学(理系) 120.1万円 759.6万円 879.7万円

出典元:「日本政策金融公庫 教育負担の実態調査」より

入学費用は受験料や入学金などの合計で、在学費用は授業料をはじめ通学交通費、教科書代なども含まれます。国公立と私立の差もさることながら、文系と理系でも大きく違ってきますから、お子さまの進路によって将来の教育費は百万単位で異なってきます。たとえば高校まですべて国公立で大学は私立文系の進路でみると、大学卒業までに約1218万円。決して少なくない金額であり、一人ではなく二人、三人兄弟になる場合、しっかりした備えが必要になります。

《さいしん》のアドバイス

イメージ

《さいしん》がお子さまの成長をサポートします

大学まで卒業するとお子さま一人に1,000万円はゆうに超える教育資金がかかりますが、保護者の負担についてはお子さまがアルバイトをしたり、給付型の奨学金を受給したりなど色々なケースが考えられ一概には言えません。しかし逆に、お子さまが自宅外からの通学になったり留学を希望したりすると、さらに教育資金が必要になります。
思いのほか高額な教育費は、まず定期積金でコツコツとお貯めください。中学、高校の卒業年に合わせて学資保険を組み合わせ、給付金を受け取ることもできます。予想以上に出費がふくらみ教育費が不足する場合などは、授業料をはじめ仕送りにもご利用いただける教育ローンもご用意しています。

関連サービス

ページトップへ