取扱商品(ファンド)一覧

主要投資対象 ファンド名 特長 運用会社
国内債券 しんきん国内債券ファンド 国内の公社債に投資し、安定した収益の確保および投資信託財産の着実な成長を目指します。 (しんきんAM)
ニッセイ日本インカムオープン
(愛称:Jボンド)
実質的に国内の債券等に分散投資を行い、インカム・ゲイン(配当等収益)を中心とした収益の確保および信託財産の長期的な成長を図ることを目標に運用を行います。 (ニッセイAM)
海外債券 ニッセイ/パトナム・毎月分配インカムオープン 米ドル建ての多種多様な債券に分散投資し、長期的な収益の獲得を目指します。 (ニッセイAM)
DIAM高格付インカム・オープン(毎月決算コース)
(愛称:ハッピークローバー)
実質的に高格付資源国の公社債を主要対象とし、安定した収益の確保と信託財産の中長期的な成長をめざして運用を行います。原則として利子配当等収益を中心に分配を行います。毎年6月、12月の決算時には、委託会社が決定する額を付加して分配する場合があります。 (アセットマネジメントOne)
DIAM高格付インカム・オープン(1年決算コース)
(愛称:ハッピークローバー1年)
主に高格付資源国の公社債を主要対象とし、安定した収益の確保と投資信託財産の中長期的な成長を目指します。 (アセットマネジメントOne)
世界のサイフ 原則として相対的に高金利の10通貨を選定し、当該通貨建ての短期債券などに投資します。組入債券の利息収入等を原資として、毎月の決算時に安定した収益分配を行うことを目指します。 (日興AM)
DIAM高格付外債ファンド
(愛称:トリプルエース)
最高位の信用力を有する短期の外国債券へ投資します。実質的に新興国及び先進国の通貨建て債券に投資することで、相対的に高い金利収入の獲得を目指し、主として組入債券の利子収入や値上がり益などを原資として、毎月の決算時に安定した収益分配を行うことを目指します。 (アセットマネジメントOne)
ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン(毎月分配型)
(愛称:杏の実)
オーストラリア・ドル建ておよびニュージーランド・ドル建ての公社債等に投資し、安定した収益の確保および信託財産の着実な成長を目指します。 (大和投信)
マニュライフ・カナダ債券ファンド(愛称:メープルギフト) カナダドル建ての公社債を主要投資対象とし、安定した金利収入の確保と中長期的な値上り益の獲得を目指します。 (マニュライフ)
高利回り社債オープン(毎月分配型) 米国ドル建ての高利回り事業債(ハイ・イールド・ボンド)を実質的な投資対象とし、中長期的に高水準のインカムゲインの確保と信託財産の成長を図ることを目的として積極的な運用を行なうことを基本とします。 (野村AM)
ダイワ高格付カナダドル債オープン(毎月分配型) カナダ・ドル建ての公社債等に投資し、安定した収益の確保および信託財産の着実な成長をめざします。 (大和投信)
DIAM新興資源国債券ファンド(愛称:ラッキークローバー) 主として新興資源国の現地通貨建ての国債等に投資し、安定した収益の確保と信託財産の中長期的な成長を図ることを目的として運用を行います。 (アセットマネジメントOne)
コーポレート・ボンド・インカム(為替ヘッジ型)(愛称:泰平航路) 高格付社債(米ドル建て、投資適格社債)へ投資します。対円での為替ヘッジを行い、為替変動リスクを低減します。 (三井住友AM)
内外債券 トヨタモータークレジット/トヨタグループ債券ファンド 主として、トヨタ自動車およびそのグループ会社の債券等に投資し、信託財産の着実な成長と安定した収益の確保を目指します。 (三井住友AM)
三菱UFJ/AMPグローバル・インフラ債券ファンド<為替ヘッジなし>(毎月決算型)
(愛称:世界のいしずえ)
主として、世界のインフラ関連企業(公益、通信、エネルギー、運輸等)が発行する米ドル建て債券を対象に投資を行います。 (三菱UFJ国際投信)
野村PIMCO・世界インカム戦略ファンド Cコース(為替ヘッジあり 毎月分配型) 世界各国の債券(国債、政府機関債、社債、モーゲージ証券等)および派生商品等に投資し、高水準のインカムゲイン確保と中長期的な信託財産の成長を目指します。 (野村AM)
国内リート しんきんJリートオープン(毎月決算型) 国内の金融商品取引所上場の不動産投資信託証券(Jリート)に投資し、安定した収益の確保と信託財産の着実な成長を目指します。 (しんきんAM)
しんきんJリートオープン(1年決算型) 国内の金融商品取引所上場の不動産投資信託証券(Jリート)に投資し、安定した収益の確保と信託財産の着実な成長を目指します。 (しんきんAM)
海外リート DIAMアジア・オセアニア・
リートファンド
アジア・オセアニア地域の不動産投資信託(リート)に投資し、中長期的な信託財産の成長を目指します。 (アセットマネジメントOne)
三井住友・グローバル・リート・オープン
(愛称:世界の大家さん)
日本を含む世界各国の不動産投資信託(リート)に投資し、信託財産の着実な成長と安定した収益の確保を目指します。 (三井住友AM)
三井住友・グローバル・リート・オープン(3ヵ月決算型)
(愛称:世界ビル紀行)
日本を含む世界各国の不動産投資信託(リート)に投資し、信託財産の着実な成長と安定した収益の確保を目指します。 (三井住友AM)
ダイワ・US−REIT・オープン(毎月決算型)Bコース
(為替ヘッジなし)
米国のリート(不動産投資信託)に投資し、配当利回りを重視した運用により信託財産の成長をめざします。 (大和投信)
国内株式 しんきん好配当利回り株ファンド 主として、予想配当利回りが市場平均を上回ると判断できる国内の株式に投資し、安定した配当収益の獲得と投資信託財産の成長を目標とします。なお、銘柄の選択にあたっては、①予想配当利回りの高い企業、②企業業績、③時価総額、④財務の健全性に着目して行います。 (しんきんAM)
ダイワJPX日経400ファンド 東京証券取引所上場株式に投資し、投資成果をJPX日経インデックス400の動きに連動させることをめざします。 (大和投信)
DIAM割安日本株ファンド 主としてわが国の上場株式の中から、割安と判断される銘柄へ投資を行い、相対的に高い配当収入と値上がり益の獲得を目指し、信託財産の成長を図ることを目的として運用を行います。 (アセットマネジメントOne)
女性活躍応援ファンド(愛称:椿) わが国の株式の中から、女性の活躍により成長することが期待される企業に投資し、信託財産の成長を目指します。 (大和投信)
しんきん日経平均オープン わが国の株式市場の動きと長期成長をとらえることを目標に、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指して運用を行います。 (しんきんAM)
海外株式 しんきん世界好配当利回り株ファンド(毎月決算型) 主に日本を除く世界各国の株式のうち、予想配当利回りが投資対象地域の平均を上回る銘柄に投資し、安定した収益の獲得と投資信託財産の成長を目指します。 (しんきんAM)
しんきんアジアETF株式ファンド
(愛称:情熱アジア大陸)
上場投資信託を通じてアジア(日本を除く)の株式に投資することにより、投資信託財産の着実な成長と安定した収益の確保を目指して運用を行います。 (しんきんAM)
三井住友・NYダウ・ジョーンズ・インデックスファンド
(為替ノーヘッジ型)
(愛称:NYドリーム)
ダウ・ジョーンズ工業株価平均の構成銘柄を実質的な主要投資対象とし、ベンチマークに連動する投資成果を目指して運用を行います。 (三井住友AM)
グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド
(愛称:健次)
世界主要先進国市場の中から、製薬、バイオテクノロジー、医療製品、医療・健康サービス関連企業等の株式に分散投資を行います。 (三菱UFJ国際投信)
内外株式 ロボット・テクノロジー関連株ファンド
―ロボテック―
主として、日本を含む世界のロボット関連企業の株式に投資を行います。 (大和投信)
株式、債券など資産複合 しんきん3資産ファンド(毎月決算型) 国内株式・外国債券・上場Jリートに原則として1/3ずつ分散投資し、リスクを抑えた運用を行います。利子・配当等収益を中心に、毎月安定した収益分配を目指します。 (しんきんAM)
しんきんグローバル6資産ファンド(毎月決算型) 国内および海外の株式・債券・上場リートに原則として1/6ずつ分散投資し、リスクを抑えた運用を行います。利子・配当等収益を中心に、毎月安定した収益分配を目指します。 (しんきんAM)
しんきん世界アロケーションファンド
(愛称:しんきんラップ(安定型))
長期運用に適した6つの異なる資産(国内株式・外国株式・国内債券・外国債券・国内リート・外国リート)に加え、国内短期金融資産を投資対象とし、市場環境の変化に対応した分散投資を行います。配当金、利子および分配金収入が期待できる資産に投資して、安定した運用成果を目指します。 (しんきんAM)
しんきん世界アロケーションファンド(積極型)
(愛称:しんきんラップ(積極型))
長期運用に適した6つの異なる資産(国内株式・外国株式・国内債券・外国債券・国内リート・外国リート)を投資対象とします。配当金、利子および分配金収入が期待できる資産に投資して、収益性と安定型のバランスを重視した運用を行います。 (しんきんAM)
クルーズコントロール 国内外の株式および公社債に分散投資することにより、信託財産の成長を図ることを目的として、運用を行います。 (アセットマネジメントOne)
DIAMコア資産設計ファンド(積極型)
(愛称:まもラップ(積極型))
国内外の6資産(日本、先進国および新興国の債券・株式)に分散投資することにより、信託財産の成長を図ることを目的として、運用を行います。 (アセットマネジメントOne)
海外その他 米国エネルギー革命関連ファンド/Bコース(為替ヘッジなし)
[愛称:エネルギーレボリューション]
米国の金融商品取引所に上場されているエネルギー関連事業等に投資するMLP(マスター・リミテッド・パートナーシップ)を実質的な主要投資対象とし、高水準のインカムゲインの確保と、中長期的な信託財産の成長を図ることを目的として積極的な運用を行なうことを基本とします。 (野村AM)

投信インターネットサービス専用ファンド

(解約及び投信自動積立(定時定額取引)の変更・中止取引は店頭でも受付いたします。)

主要投資対象 ファンド名 特長 運用会社
海外債券 しんきん海外ソブリン債セレクション
(欧州ソブリン債ポートフォリオ)
主としてEMU(欧州経済通貨同盟)参加国、米国の公社債、またはその両方に投資し、安定した収益の確保および信託財産の着実な成長を目指します。 (しんきんAM)
しんきん海外ソブリン債セレクション
(米国ソブリン債ポートフォリオ)
(しんきんAM)
しんきん海外ソブリン債セレクション
(欧米ソブリン債ポートフォリオ)
(しんきんAM)
ニッセイ高金利国債券ファンド
(愛称:スリーポイント)
実質的に、信用力が高く、相対的に高金利の先進国の国債等に投資することにより、安定した配当等収益の確保および投資信託財産の長期的な成長を目指します。 (ニッセイAM)
しんきんアジア債券ファンド(毎月決算型)
(愛称:アジアの恵み)
アジア(日本を除く。)の債券に投資することにより、投資信託財産の着実な成長と安定した収益の確保を目指して運用を行います。 (しんきんAM)
国内株式 しんきんトピックスオープン 主として国内の上場株式に投資し、株式市場全体の動きをとらえることを目標に、東証株価指数(TOPIX)の動きに連動する投資成果を目指します。 (しんきんAM)
しんきん好配当利回り株ファンド
(3ヵ月決算型)(愛称:四季絵巻)
主として、予想配当利回りが市場平均を上回ると判断できる国内の株式に投資し、安定した配当収益の獲得と投資信託財産の成長を目標とします。なお、銘柄の選択にあたっては、①予想配当利回りの高い企業、②企業業績、③時価総額、④財務の健全性に着目して行います。 (しんきんAM)
しんきんインデックスファンド225 主として国内の上場株式のうち、日経平均株価採用の225銘柄を対象に投資します。株式市場の動きと長期成長をとらえることを目標に、日経平均株価に連動する投資成果の獲得を目指します。 (しんきんAM)
ニッセイ日本勝ち組ファンド(3ヵ月決算型) 東京証券取引所第1部上場銘柄を対象とした、各業界をリードする"勝ち組企業"の株式へ投資し、投資信託財産の中長期的な成長を目指します。 (ニッセイAM)
株式、債券など
資産複合
ダイワ資産分散インカムオープン
(奇数月決算型)(愛称:D・51)
国内および海外の株式、債券、Jリートに分散投資します。利子・配当等収益を中心に、奇数月に安定した分配を行うことを目指します。 (大和投信)
DIAM世界3資産オープン(毎月決算型)
(愛称:ハッピーハーモニー)
外国債券、外国株式、外国リートの3資産に原則として1/3ずつ分散投資します。利子・配当利益等を中心に毎月安定した分配を目指します。なお、2月と5月と8月と11月には、通常の分配金に委託会社が決定する額を付加して分配することがあります。 (アセットマネジメントOne)

投資信託に係るご注意事項

  • ● 投資信託は預金や保険契約ではなく、預金保険機構、保険契約者保護機構の保護対象ではありません。また、当金庫でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • ●当金庫は投資信託の購入、換金等の取扱を行う販売会社であり、設定・運用は各運用会社が行います。
  • ●投資信託はリスクを含む商品であり、運用実績は市場環境等により変動しますので、元本の保証や分配金等並びに利回りの保証はありません。したがって、投資した資産の価値の減少を含むリスクは、投資信託をご購入されるお客様に帰属します。
  • ●投資信託は国内外の株式や、債券、不動産投資信託(リート)等に投資しているため、投資対象の価格変動、金利の変動、外国為替相場の変動その他発行者の信用状況の変化等により基準価額が下落し、投資した資産の価値が投資元本を下回る(元本欠損が生じる)場合があります。
  • ●投資信託の手数料等費用は以下の通りとなっています。詳細につきましては、各ファンドの投資信託説明書(付目論見書)等をご覧ください。
購入時手数料 基準価額(※)に最高3.24%(消費税込)を乗じて得た額
運用管理費用
(信託報酬)
純資産総額に対し、最高年2.376%(消費税込)を乗じて得た額
信託財産留保額 基準価額(※)に最高0.3%を乗じた額
その他費用 監査費用、有価証券売買時の売買委託手数料、信託事務の諸費用等は、ファンドより実費として間接的にご負担いただきます

※ 基準価額の採用日:お申込日(ご指定日がある場合はご指定日)当日(又は翌営業日)

  • ● 手数料等の合計は、お申込金額、保有期間等により異なりますので、表示することはできません。
  • ● 投資信託の取得のお申込みに関しては、クーリングオフ(書面による解除)の適用はありません。
  • ● 投資信託をご購入の際は、最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」および目論見書補完書面等を必ずご覧いただき、内容をご確認いただいた上で、ご自身でご判断ください。
  • ● 「投資信託説明書(交付目論見書)」等は、インターネット取引においては、同サービスにてご確認いただき、店頭のお取引については出張所を除く各取扱店にご用意しています。
  • ●当金庫の概要
商号等 埼玉縣信用金庫 登録金融機関 関東財務局長(登金)第202号
加入協会 日本証券業協会
 

商号:埼玉縣信用金庫 登録金融機関:関東財務局(登金)202号 加入協会:日本証券業協会

Copyright © 2012 The Saitamaken Shinkin Bank. All Rights Reserved.