投資信託とは

お客様が投資された資金を投資信託会社が「ファンド」として1つにまとめ、専門家が複数の株式や債券などに幅広く投資し、その成果を投資口数に応じてお客さまに分配する仕組みの金融商品です。資金をまとめて運用することで、複数の株式、債券などへの分散投資が可能になります。

特長1

少ない金額から購入できます。

投資信託は多数の投資家から資金を募り、1つの大きなファンドをつくり、有価証券などに投資します。投資信託は様々なお客さまの運用ニーズに対応するため、一般的に1万円以上からといった小口の資金で購入できます。

 

特長2

分散投資により、リスクの低減が期待できます。

投資信託では、複数の株式や債券などの銘柄に資金を分けて投資します。これを「分散投資」といいます。分散投資をすることによって、それぞれの値下がりから受ける影響を軽減することが期待できます。

 

特長3

投資の専門家がお客さまの資産を運用します。

専門的な知識や売買のタイミングなどが求められる株式や債券の運用を、お客さまに代わって専門家である投資信託会社が行います。投資信託会社は経済情勢や投資対象の分析・情報収集を行い、経験豊富なプロが投資先を選んで運用します。

 

特長4

多彩な商品が揃っています。

お客さまの意向やリスク許容度に応じた商品をお選びいただけます。投資期間やリスクに対するお考えを明確にしていただく必要があります。

 

特長5

信託財産の管理は信託銀行が分別管理を行います。

信託銀行では「信託財産」を自行の資産および他の資産とは、明確に「分別管理」しなければならないことが法律で義務づけられています。このことによって、投資信託会社や信託銀行などが破綻してもお預かりしていた資産に影響は及びません。

 

投資信託に係るご注意事項

  • ● 投資信託は預金や保険契約ではなく、預金保険機構、保険契約者保護機構の保護対象ではありません。また、当金庫でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • ●当金庫は投資信託の購入、換金等の取扱を行う販売会社であり、設定・運用は各運用会社が行います。
  • ●投資信託はリスクを含む商品であり、運用実績は市場環境等により変動しますので、元本の保証や分配金等並びに利回りの保証はありません。したがって、投資した資産の価値の減少を含むリスクは、投資信託をご購入されるお客様に帰属します。
  • ●投資信託は国内外の株式や、債券、不動産投資信託(リート)等に投資しているため、投資対象の価格変動、金利の変動、外国為替相場の変動その他発行者の信用状況の変化等により基準価額が下落し、投資した資産の価値が投資元本を下回る(元本欠損が生じる)場合があります。
  • ●投資信託の手数料等費用は以下の通りとなっています。詳細につきましては、各ファンドの投資信託説明書(付目論見書)等をご覧ください。
購入時手数料 基準価額(※)に最高3.24%(消費税込)を乗じて得た額
運用管理費用
(信託報酬)
純資産総額に対し、最高年2.376%(消費税込)を乗じて得た額
信託財産留保額 基準価額(※)に最高0.3%を乗じた額
その他費用 監査費用、有価証券売買時の売買委託手数料、信託事務の諸費用等は、ファンドより実費として間接的にご負担いただきます

※ 基準価額の採用日:お申込日(ご指定日がある場合はご指定日)当日(又は翌営業日)

  • ● 手数料等の合計は、お申込金額、保有期間等により異なりますので、表示することはできません。
  • ● 投資信託の取得のお申込みに関しては、クーリングオフ(書面による解除)の適用はありません。
  • ● 投資信託をご購入の際は、最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」および目論見書補完書面等を必ずご覧いただき、内容をご確認いただいた上で、ご自身でご判断ください。
  • ● 「投資信託説明書(交付目論見書)」等は、インターネット取引においては、同サービスにてご確認いただき、店頭のお取引については出張所を除く各取扱店にご用意しています。
  • ●当金庫の概要
商号等 埼玉縣信用金庫 登録金融機関 関東財務局長(登金)第202号
加入協会 日本証券業協会
 

商号:埼玉縣信用金庫 登録金融機関:関東財務局(登金)202号 加入協会:日本証券業協会

Copyright © 2012 The Saitamaken Shinkin Bank. All Rights Reserved.