HOME>私のチャレンジ>界外 健太郎

「一人でも多くのお客さまと会うために」界外 健太郎「一人でも多くのお客さまと会うために」界外 健太郎

2013年に≪さいしん≫の支店がないエリアでの新規出店を行いました。私は、開店前の3月に開店準備員として赴任し、法人先の新規開拓を中心に活動してきました。

東京近郊エリアであり県内外の金融機関が多数出店する県内トップクラスの競合エリアです。従って、≪さいしん≫や「界外」の付加価値を提供できなければ、取引はしていただけません。まずは、熱意と誠意を持ち、お客さまの下へ何度も足を運び、私を信頼してもらうこと。経営者と面談ができた時は、「企業ニーズ」を意識し会話を行いました。如何なる企業でも、大小課題や悩みはあります。資金面のサポートだけではなく、企業の課題解決を行うことでも取引開始に繋げています。界外 健太郎ある企業では、仕入先との単価交渉の話を行い「いつも資金提供の話だけはなく、経営の話を親身になって聞いてくれる。是非今後取引していきたい。」との嬉しいお言葉をいただき、≪さいしん≫を利用していただけました。

今後も積極的な自己啓発を行い、多様なニーズに応えられるように、また、一先でも多くのお客さまに「≪さいしん≫がこの街に来てくれて良かった。」と喜んでもらえるように日々活動します。