HOME>人事担当役員メッセージ 理念について

人事担当役員メッセージ人事担当役員メッセージ

白田 幸夫

真の「共存同栄」を目指して真の「共存同栄」を目指して

私たちの仕事は「地域のために何ができるかを考える事」です。
地道な努力と新しい発想を大切に、
地域との確かな信頼を日々のなかで築き上げています。

当金庫の経営理念は「三位一体での繁栄」です。
三位とはそれぞれ「お客さまの繁栄」、「金庫の発展」、「職員の資質向上」を意味します。それらが一体となり地域の発展に繋げるということです。
「お客さま・≪さいしん≫・職員」の三者が一体となって繁栄するという「共存同栄」の精神こそが当金庫の経営理念です。

それでは具体的に三位の内容について説明します。

まずは、「お客さまの繁栄」です。お客さまの繁栄の形はさまざまです。私たちは、現代の多様化されたニーズのなかで、お客さま一人ひとりの「顧客満足(CS)」にお応えできるよう業務を行っています。
また、埼玉県は東西南北それぞれに、多種多様な地域性を有しています。地域毎に合わせた地域密着型金融の推進を図ることで、地域それぞれの「理想の発展」に向かうため地域との連携を密にしています。

次に、「金庫の発展」です。お客さまの繁栄を支えるためには、お客さまに安心してご利用いただける金融機関である必要があります。
そのためにコーポレートガバナンスを強化し、金庫を健全に運営することが求められます。営業店と本部が一体となり、健全経営の仕組み作りを常に行っています。
また、金融機関の競争が激化するなか、強固な収益性基盤を構築し、当金庫からお客さまへより良いサービスが提供できるよう努めています。

最後に「職員の資質向上」です。職員に求められる資質は数多くありますが、なかでもコミュニケーションとチームワークを確立することで職場内の連携を図り、職員一丸となってお客さまの繁栄を支えられるよう職員の育成に尽力しています。

以上が当金庫の経営理念です。三位のうち、一つも欠けてはなりません。埼玉県という地域のなかでお客さまが主役となり、当金庫と職員一人ひとりが地域の発展のために活躍する。そのような理念を掲げています。