HOME>人と仕事>融資係の仕事 小川 雄基

融資係の仕事・小川雄基融資係の仕事・小川雄基

お客さまそれぞれの夢の実現を
お手伝いできることが醍醐味です。

仕事内容融資のアドバイザーとしてお客さまと接する

主に窓口にて、融資のご相談に来店されたお客さまの応対をしています。企業への事業性資金や個人の住宅ローンが中心です。また、各種ご返済に関する相談も承ります。

事業性資金の場合は、企業が融資によって発展できるよう、経営者から資金の必要性だけではなく、企業のビジョンなどもお聞きします。住宅ローンの場合、必要な資金に対し、家計の収支状況や資産背景などをお聞きします。いずれも、お聞きした内容を基に計画通りの返済が可能かどうかを検討します。また、その内容を上司と相談し、融資の内容によっては外部機関とも連携しながら取組みの方針を導き出します。

時には、残念ながら、お客さまの希望どおりの回答ができないケースもあります。しかし、そのようなときこそお客さまの立場に立ち、精一杯のアドバイスを行います。私たちがお客さまに提供できるサービスは、資金だけではありません。地域の暮らしとビジネスに関する情報を提供することで、事業や生活を豊かにするためのサポートを行っています。

仕事のやりがい・面白さお客さまに喜んでいただけると、本当に嬉しい

住宅の購入は、多くの人にとって人生の一大イベントです。まさに私たちはお客さまの夢の実現をお手伝いしています。

小川雄基

融資審査が無事に通ったとき、工事を終えて家が完成したとき、そして入居されたときなど、お客さまが喜ばれる瞬間は、私たちにとっても嬉しい瞬間です。新築直後のお宅を訪問したとき、お客さまに「≪さいしん≫さんにしてよかった。ありがとう」と感謝の言葉をいただいたりすると、この仕事をしていてよかったとしみじみ思います。

融資のご相談は、審査のポイントが一件ずつ全て違います。お客さまの属性が違うのはもちろん、背景にある事情も千差万別です。その都度こちらも柔軟な対応をします。ここにこそ、融資の仕事の面白さと難しさがあります。

ご相談を通し、お客さまと時間を共有することで、お客さまとの距離も近くなります。ローンの話だけではなく、出産や育児などお客さまの将来設計をお聞きすることにより、ライフイベントに合わせた提案など、お客さまの生活の全てをサポートできると思います。その意味では、お客さまの生活そのものをお預かりする本当にダイナミックな仕事だと実感しています。

将来の抱負どんな融資でも任せられるプロになりたい

企業や事業主の方に対しては、事業性の融資も受け付けています。今はまだ、上司や先輩のサポートを受けながら内容の分析を行っています。今後は、経営者の考え方にもっと深く入り込んで、幅広い業種からのご相談に対応し、企業経営を支えられる職員になりたいです。

そのためには、経営状況や財務内容なども今以上に自分で判断できるようになる必要があります。スキルの向上は必須であり、少しでも早く身につけたいので、研修などには積極的に参加しています。最近では当庫で行っているスキルアップスクールの「ソリューション営業実践講座」を受講し、経営者との会話に役立てています。

まだまだ覚えることは山ほどありますが、近い将来には「融資のことは小川に任せろ」と言えるくらいの存在になりたいです。目指すは、融資のプロフェッショナルです。