HOME>≪さいしん≫とは? 信用金庫の特徴

WHAT'S SAISHIN ? ≪さいしん≫とは?WHAT'S SAISHIN ? ≪さいしん≫とは?

信用金庫は地域の発展を
目的とする金融機関です。

信用金庫の
2つの特徴

信用金庫も銀行も金融サービスの中身は大きく変わりません。信用金庫の大きな特徴は、「営業エリアを特化していること」「融資の対象を中小企業・個人に特化していること」です。
営業エリアについては、各信用金庫によって異なります。≪さいしん≫は、埼玉県全域と隣接する一部地域を営業エリアとしています。
融資の対象については、営業エリア内に住所または居所を置いている、従業員300人以下または資本金9億円以下の中小企業または個人、営業エリア内の企業で働く個人に特化をしています。
そのため信用金庫がお預かりした資金は、常に地域のために活かされます。

小口多数の原則
たくさんの人との出会い

信用金庫と銀行の違い信用金庫の融資は、地域の方々や中小企業に対する融資に限られているため、1件あたりの融資金額は小口の融資が中心となります。ですから、営業エリアのなかで、たくさんの人と出会い、対話を通しながら仕事ができます。

信用金庫としての
≪さいしん≫の役割

埼玉県経済の活性化地域の中小企業や個人の声に金融サービスで応え、地域を活性化させるために存在するのが信用金庫です。≪さいしん≫は、埼玉県のなかで資金流通を活性化させることで、埼玉県の経済の活性化を支えています。
この使命は時代が変わっても不変です。