総代会制度について | 《さいしん》のご紹介 | 《さいしん》について | 埼玉縣信用金庫
  1. TOP
  2. 《さいしん》について
  3. 《さいしん》のご紹介
  4. 総代会制度について

《さいしん》のご紹介

総代会制度について

 信用金庫は、会員同士の「相互信頼」と「互恵」の精神を基本理念に、会員一人ひとりの意見を最大の価値とする協同組織金融機関です。会員は1人1票の議決権を持ち、総会を通じて当金庫の経営に参加することになります。しかし、当金庫では会員数が約17万人とたいへん多く、総会の開催は事実上不可能です。
 そこで、当金庫では、会員の総意を適正に反映し、充実した審議を確保するため、総会に代えて総代会制度を採用しております。

総代会制度この総代会は、定款の変更、理事・監事の選任等の重要事項を決議する最高意思決定機関です。
 総代会は、総会と同様に、会員一人ひとりの意見が当金庫の経営に反映されるよう、選任区域ごとに総代候補者を 選考する総代候補者選考委員会を設け、会員の中から適正な手続きにより選任された総代により運営されます。
 また、当金庫では、総代会に限定することなく、日常業務やアンケートなどを通じて、会員一人ひとりとのコミュニケーションを大切にし、さまざまな経営改善に取り組んでおります。
 なお、総代会の運営に関するご意見やご要望につきましては、お近くの営業店までお寄せください。

総代会制度

総代とその選任方法

総代の定数

  • ●総代の定数は120人以上150人以内で、会員数に応じて選任区域ごとに定められております。

総代の任期

  • ●総代の任期は3年となります。
  • ●総代の重任は原則として5期までとなります。(平成31年度改選期より制度導入)
  • ●総代の定年は原則として80歳となります。(平成28年度改選期より制度導入)
    ただし、任期の途中で年齢が満80歳に達した場合は、その任期の満了をもって終わるものとなります。
  • ●平成25年度改選期以前に選任された総代に対しては、重任制限・定年年齢の双方に該当した場合、任期満了となります。
    (平成31年度改選期より実施)

総代の選任方法

  • 総代は、会員の代表として、会員の総意を当金庫の経営に反映する重要な役割を担っております。
  • 総代の選考は、総代候補者選考基準に基づき、次ページ図の手続きを経て選任されます。

総代候補者選考基準

資格要件

  • ●当金庫の会員であること

総代が選任されるまでの手続き

総代が選任されるまで手続き

第71期 通常総代会の目的事項

2018年6月21日に第71期通常総代会を開催し、決議事項については、それぞれ原案の通り可決されました。

報告事項

第71期(2017年4月1日から2018年3月31日まで)業務報告、貸借対照表及び損益計算書報告の件

決議事項

  • 第1号議案  剰余金処分案承認の件
  • 第2号議案  定款一部変更の件
  • 第3号議案  定款第15条に基づく会員除名の件
  • 第4号議案  理事選任の件
  • 第5号議案  監事任期満了による選任の件
  • 第6号議案  理事退任に伴う退任慰労金支給の件
  • 第7号議案  監事退任に伴う退任給与支給の件
  • 第8号議案  総代候補者選考委員選任の件

総代の氏名

総代の氏名

総代の属性別構成比

年代別構成比
※2018年3月末基準
年代別構成比 年代別構成比
  • ※構成比率は小数点以下の調整を行っております。
就任回数構成比
※2018年3月末基準
就任回数構成比 就任回数構成比
  • ※構成比率は小数点以下の調整を行っております。
業種別構成比
※2018年3月末基準
業種別構成比 業種別構成比
  • ※構成比率は小数点以下の調整を行っております。
  • ※その他の中には11業種あります。
ページトップへ