Weps うち明け話 文:清尾 淳

1992年の創刊以来、浦和レッズ・オフィシャル・マッチデー・プログラムの製作を担当し続けた筆者が、レッズにまつわる出来事や感じたことを書き綴ります。

Weps <Writer、Editor、Photographer、& Supporterの頭文字>

新着 Weps うち明け話

2021/3/1 17年ぶりの勝点
2021/2/25 開幕戦の記憶
2021/2/18 20センチ差コンビ~相模原戦から・その2
2021/2/15 「開幕先発」まで同じ道をたどるか~相模原戦から・その1
2021/2/12 総監督という役職
2021/2/5 結果でアピールすること
2021/2/2 4番を付ける意味
2021/1/28 野心と伸びしろ、そして構え
2021/1/15 すっぴん
2021/1/8 いつの日にか

バックナンバー

サッカー人生ハーフタイム

筆者紹介

清尾 淳(せいお じゅん)

1957年、石川県加賀市生まれ。中央大学-埼玉新聞社-フリーランス(05年2月より)。MDPの編集製作を92年創刊から12年間担当する。

現在はMDPの製作協力を中心に、文筆、編集、写真など浦和レッズのフィールドで活躍中。「清風庵」庵主。著書に「浦和レッズの快感」(あすとろ出版)、「浦和レッズがやめられない」(ランドガレージ)など。

 
ページトップへ