Weps うち明け話 文:清尾 淳

1992年の創刊以来、浦和レッズ・オフィシャル・マッチデー・プログラムの製作を担当し続けた筆者が、レッズにまつわる出来事や感じたことを書き綴ります。

Weps <Writer、Editor、Photographer、& Supporterの頭文字>

新着 Weps うち明け話

2022/5/20 両手に持つものがそろった
2022/4/15 さあ、始まるぞ
2022/4/12 完全試合と言えば
2022/4/8 11人で戦うことが前提だが
2022/3/24 返済不要の借金と返すべき借金
2022/3/7 3月6日の記憶
2022/3/1 もう一つ、忘れ物があるぞ
2022/2/14 強くなった空腹感
2022/2/7 金武町フットボールセンター
2022/1/31 ヤンセン追悼コラムで迷ったこと

バックナンバー

サッカー人生ハーフタイム

筆者紹介

清尾 淳(せいお じゅん)

1957年、石川県加賀市生まれ。中央大学-埼玉新聞社-フリーランス(05年2月より)。MDPの編集製作を92年創刊から12年間担当する。

現在はMDPの製作協力を中心に、文筆、編集、写真など浦和レッズのフィールドで活躍中。「清風庵」庵主。著書に「浦和レッズの快感」(あすとろ出版)、「浦和レッズがやめられない」(ランドガレージ)など。

 
ページトップへ